タチウオ船で指6本級ドラゴン カナトフグ猛攻に苦戦【第二ちどり丸】

タチウオ船で指6本級ドラゴン カナトフグ猛攻に苦戦【第二ちどり丸】

9月24日、大分市・細港の第二ちどり丸を利用してタチウオ釣行。当日は午前4時に起床して港に行き、釣座を聞くと右舷の前から3番と4番と言われたので、前に私、後ろに中藤さんと決め、船に荷物を積み込んだ。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二ちどり丸でテンヤタチウオ

流木などがあると大変なので、少し明るくなってから5時40分に第二ちどり丸が出港。 港を出ると北から北西の風が吹いており、多少波立っている。テンヤタチウオ釣り場までは約1時間で、ウトウトしているとエンジンがスローになり到着したので、各自釣座に行き釣りの準備をする。

船長が流すポイントを決め、釣りダナの指示が出ると釣り開始である。 ミチイトのマーカーを確認しながら仕掛けを落としていく。

厄介者カナトフグ(シロサバフグ)

中藤さんの仕掛けが途中で止まり、何かハリ掛かりした様子で、巻き上げるとカナトフグがハリ掛かりしている。 最近多いとは聞いていたが、1投目からハリ掛かりするとは、今回は苦労しそうである。

私は何とか釣りダナまで仕掛けを落として釣りを始めるが、何か様子が悪く、タチウオが食いついてこない。 3回仕掛けを上げるときにやっとタチウオのアタリがでてハリ掛かりし、指幅4.5本級を釣り上げた。

中藤さんは水深60m付近でカナトフグにミチイトを切られている。 船首側の釣り人も切られている。

新型テンヤはただ巻きでOK

私は何とか無事に2尾目をハリ掛かりさせたが、やはりタチウオの反応は悪い。 辛抱強くリールの巻きスピードを替えたり誘いを掛けたりと、あの手この手で知恵比べをしている。

タチウオ船で指6本級ドラゴン カナトフグ猛攻に苦戦【第二ちどり丸】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

テンヤも新しい型で、釣りダナまで仕掛けを落とした後、ただ同じスピードで巻き上げるだけ。 途中アタリがあってもアワせず、タチウオが食い込むまで待つ釣りで、タイラバと同じ要領と思う。 初めての人や慣れない人もタチウオ釣りが楽しめることだろう。 ただ、状況によって巻く速さが違うので、よくアタる速さを見つけることだ。

移動後すぐにタチウオヒット

移動後、仕掛けを落とすと同時にアタリがあり、一発でハリ掛かりし、3尾目を釣り上げる。 中藤さんもアタリがでて、指幅5本級を釣り上げてホッとしている。

タチウオ船で指6本級ドラゴン カナトフグ猛攻に苦戦【第二ちどり丸】指幅5本級をゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

仕掛けを回収中に何かハリ掛かりし、釣り上げると指幅2本級のサーベルサイズだ。

再度カナトフグの猛攻

仕掛けを落とし、巻き上げ中に軽くなったので食い上げたと思いきや、カナトフグにやられた。 水深70m付近で切られていた。

急いで仕掛けを作り直す。 船中でも皆さん切られており、仕掛けを上げるとカナトフグが5~10尾浮いてくる。 中藤さんは予備のイトをリールに巻いている。 私もその後2回切られ、残りが120mしかないので予備のリールと交換する。

10時すぎに潮が変わったが、カナトフグはまだいる。 何とか1尾でも多くのタチウオを釣ろうと頑張る。 イトフケを出すと切られるように思う。 以前聞いた話だと、カナトフグは体にイトが触れると異常を感じ、これを嫌ってイトを切るということだ。

当日の最終釣果

何とか頑張ってタチウオを釣り、午後1時に釣りを終了。 私の釣果は指幅3~5本級13尾、指幅2本級1尾だった。

タチウオ船で指6本級ドラゴン カナトフグ猛攻に苦戦【第二ちどり丸】指幅6本級も上がっていた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

おなかにマコも入っており、食べておいしかった。 皆さんもぜひ釣行してほしい。

<週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
第二ちどり丸
出船場所:細港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。