東京湾タチウオ大会出場レポ 優勝は130cm超えドラゴン【まる八】

東京湾タチウオ大会出場レポ 優勝は130cm超えドラゴン【まる八】

10月6日(日)、東京湾で行われたタチウオの大会に参加しました。私と父は平和島まる八からエントリー。常連18人を乗せて、とてもアットホームな雰囲気でした。当日の優勝者の釣果は、130cm超えのドラゴン!

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・野口美和)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

観音崎沖で型狙い

7時半に出船。釣り座は右舷胴の間で、父と並んで座ります。スタートの8時半に合わせて、観音﨑沖を目指します。釣り場は出船前に船長と参加者が相談して「数の本牧か、型の観音崎か」で、全員一致の型優先。

ポイントには凄い数の船が集結しています。水深60mでスタート。私はハリ1/0でハリス5号2m。父はハリス5号1m、エサの動きをよりアピールする作戦のようです。

じらして食わして指3本半タチウオ

底を取って2m巻いて、待ちをいれながらフワフワ誘って1m巻いて。同じ動作を繰り返していると底から10mでコツのアタリ。そのままユラユラとじらしてみると、ガツガツに変わります。「エイッ」と大きくアワせて、久しぶりの引きを楽しんで指3本半をごぼう抜き。

東京湾タチウオ大会出場レポ 優勝は130cm超えドラゴン【まる八】果たして入賞できるか?(提供:週刊つりニュース関東版 APC・野口美和)

3尾までこの誘いで反応があったけど、次はなかなかこなくなりました。そこで、私が得意な「スロー電動巻き上げ&フワフワ誘い」に変えるとアタリがひん繁にでるようになります。エサの消耗は早いですが、数を稼げます。

船中最終釣果

ここまでの最大は96cm。「もっと大きいのがきてほしい」の思いが通じたのか、一段と強い反応。

電動リールの巻き上げが止められるほどです。大型だと確信して慎重に巻き上げますが、取り込み直前にハリスを切られてしまい超がっかり。

東京湾タチウオ大会出場レポ 優勝は130cm超えドラゴン【まる八】大物がヒット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・野口美和)

父はタイミングが狂ってしまったようで苦戦中。風が急に強くなり海が荒れてくると、父の短ハリスではエサが動き過ぎるのか、いろいろ誘いを変えても反応なし。

右舷2番の人が連釣しているので誘いを参考にしたら、父のロッドがグンと曲がりヒット。私も同じ誘いで同時にアタリ。どうにかアタリをだせるようになったけれど、海はどんどん悪くなっていき、大会終了の合図。

急いで後片付け。船長の手伝いをして集計。船中釣果は2~22尾、最大は103.5cm。

次のページで大会結果発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。