ナイトアジング&SUPライトジギングで秋の海を満喫【三重県】

ナイトアジング&SUPライトジギングで秋の海を満喫【三重県】

早いものでもう9月。もちろん秋には秋の楽しみがあるのだが、今年は夏の訪れが遅かったこともあり、まだ夏を満喫できていない。そこで9月1日、三重県・紀伊長島方面にライトジギングに出かけてみた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

紀伊長島港でアジング

前日の夜に出発し、ちょうど日付が変わるころに到着。

朝までは紀伊長島港の常夜灯周りでアジを狙う。早速水面にそれらしい群れを発見したので、自作の極小ジグヘッドにパワーイソメの組み合わせでキャストを開始する。

群れの周りにルアーを通すが、反応は今ひとつだ。干潮間際のためか、それともアジではないのか。リトリーブスピードを変化させながら誘っていくと、ようやく1匹が身を翻した。ヒットしたのは15cm級のアジ。

ここから数匹追加したが、潮が動かないせいか食いは渋い。そこで少しでも潮通しの良さそうな場所を、と周辺を探り歩く。

ナイトアジング&SUPライトジギングで秋の海を満喫【三重県】アジは小型ながら好調にヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

30㎝級のセイゴもヒット

そのうちに潮が上げ始めたようだ。水面の浮遊物が流れ始めたと同時に、沖目でライズが出た。

すかさずキャストすると巻き始めでヒット。ここから同寸のアジが連発となり、そこに30cm級のセイゴが交じる。

ナイトアジング&SUPライトジギングで秋の海を満喫【三重県】セイゴも交じる(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

キビレはバラシたがシオはゲット

足元の捨て石で何かがチェイスしてきたので、次はボトムを狙う。沖目にキャストすると、着底と同時にヒット。相手は一気に走り出すが、極細のエステルラインなので無理はできない。

巻いては出されを繰り返し、ようやく水面に浮かんだのは40cm弱のキビレ。さすがに抜き上げは無理なので落としギャフを投入するが、ギャフのオモリがジグヘッドに当たった衝撃でフックが外れてしまった。

気を取り直して再開すると、今度は着水と同時に引っ手繰るようなアタリ。

先ほどのような重量感はないが、これもまた走る。慎重に寄せてみると今度は25cm級のシオだ。

なんとか抜き上げたが、これはタックルの変更が必要だろう。ところが、その後はアジとセイゴばかり。まあ、そんなもんだ。

ナイトアジング&SUPライトジギングで秋の海を満喫【三重県】小ぶりなシオもヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

場所移動してアジが連発

ここで次の漁港に移動すると、足元に魚影を発見。明暗の境をスローに探ると、ヒットしたのは定番の外道ネンブツダイだ。

それでも、港内を探り歩くとアジらしい群れ。先ほどよりやや小ぶりだが、潮が上げてきたこともあって活性は高く、連発を楽しめた。

次のページでSUPフィッシングをレポート!