オフショアジギングで船中青物乱舞 タイラバで85㎝ブリも【蓋井島沖】

4月中旬に北九州市の戸畑港の遊漁船Tripにて、蓋井島沖のポイントで青物狙いのオフショアジギング&タイラバゲームへ出かけた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

蓋井島沖でオフショアジギング

今回の同行者はTEAM雑魚の原田さんだ。約30分で山口県下関市の蓋井島沖に到着すると、周辺はたくさんの鳥山が立ち、活性は良さそうだ。

パラシュートが入り、船長の「いいですよ」の合図でそれぞれ思い思いのジグやタイラバを落としていく。

早々に3㎏ヒラマサヒット

水深は60m、早くも船の前方では何かがヒットして格闘している。横でもヒットし、原田さんにもヒット。入れ食いで、早くも船上はお祭り騒ぎで盛り上がっている。

私もガンガンジグ・グロー100gをチョイスしてワクワクしながら落としていくと、フォール中にアタリがあり、フィッシュオン。

水温は14度で、活性はすごくいいので、このタイミングを逃すことなく手返しよく強引に巻き上げる。

水面に浮いたのは3kgのヒラマサにガッツポーズ。

強引な引きがたまらない

大物ヒットで真っ向勝負

ジギングタックル

すぐに2投目を落としていくと、45mラインでフッと軽くなり、左にいきなり走りだしたのでロッドを2~3回あおり、フッキングよく体勢を整えるがデカい。ラインが飛ぶかロッドが折れるか真っ向勝負だ。

しかし、取れると思ったときロッドが軽くなり、痛恨のバラシだ。その瞬間、身体の力がたるみ、穏やかな海上を眺め、大きく深呼吸をして気を取り直し、リーダーを替えて次に期待して落としていく。

その間にも前・後・横でどんどんフィッシュしている。みんなの格闘中の顔と取り込んだ後の笑顔のギャップが面白い。

フォール中にアタったりステイしてすぐにドカンときたり、食い方はさまざまだ。

次のページでタイラバゲームへ