春〜初夏のチョイ投げで狙うシロギス釣り ライトタックルで手軽に満喫

春〜初夏のチョイ投げで狙うシロギス釣り ライトタックルで手軽に満喫

水温の上昇とともに波止周りや浅いサーフへ接岸してくるのがキス。豪快な投げ釣りも楽しいが、小気味いいそう快なアタリと引きを、ライトタックルで楽しめるチョイ投げのキス釣りは春から初夏のお楽しみ。関西の波止やサーフで手軽に楽しむためのキスゲームを紹介しよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

チョイ投げタックル

春〜初夏のチョイ投げで狙うシロギス釣り ライトタックルで手軽に満喫チョイ投げタックル

まずはサオ。チョイ投げ専用と銘打たれたサオはほとんどないのが現状。そこは体力や好みに合わせてチョイスできるし、これでないとだめ…という道具はない。

たとえば、ルアー(ブラックバス用、シーバス用どちらでもOK)ロッドや、ボートで使用するスピニング用のロッド、ティップラン用、エギングロッド、はたまは短めの磯ザオなどなど扱いやすければ何でもOKなのだ。

長さ的に扱いやすいのは2m前後。長い方が遠くへ飛ばせるイメージがあるが軽くて短いサオの方が振り切りが速く逆によく飛ぶ。特に力のない女性や子どもさんは、本格的な重たい投げ釣り用のサオを振るよりも軽いサオで振った方が逆によく飛ぶし、体力的にも楽だ。

リールはスピニングリールで2000~3000番がオススメ。

重要なのはラインで、「飛距離」、「アタリのダイレクト感」などを考慮すると細くて伸びの少ないPEラインが必須。号数は1号程度あれば十分。できればPEラインの先にはフロロ3号程度のリーダー(先イト)を1mほど付けておきたい。

テンビンが重要!

イトの先にはテンビン、仕掛けが接続されるのだが、実はここにこだわって欲しい。

テンビンは各メーカーからチョイ投げ用が発売されて久しい。最近ではいろいろな工夫が凝らされた商品が数多く発売されているのでいろいろと試してみるのも面白い。基本的には固定式と呼ばれる、ミチイトと仕掛けがテンビンを介して接続されているタイプが多い。

春〜初夏のチョイ投げで狙うシロギス釣り ライトタックルで手軽に満喫テンビンいろいろ

ちなみに遊動式はミチイトと仕掛けがダイレクトに接続されていて、そのライン上にオモリがフリーの状態で通っている。こちらは魚が仕掛けを引っ張った時にイトを送ると、オモリはそのままで仕掛けだけを引っ張らせることができる。

手持ちで釣るキスの場合は「アタリ=即アワセ」なのでほぼ送り込む必要がないので固定式の方が手っ取り早いのだ。

ただ、ここで考えていただきたいのはキスの釣り場の状況。チョイ投げの場合は浅場へ寄ってきているキスを狙う。当然、浅いのでオモリが着水する音でも食いに影響が出てくる。できればオモリは細身の着水音が小さくできる形状が望ましい。さらにいえば、ミチイト、仕掛けを接続する脚の部分も細い方がいい。

最近のテンビンの形状は「逆V字型」。ミチイトと仕掛け、テンビンの脚が一直線になるため、アタリが取りやすくチョイ投げテンビンの主流となっている。

オモリの号数としては3~8号が標準で、軽い方がキスの群れを散らさず、食いもいい…と覚えておこう。ただ、軽いオモリは距離が落ちたり、風が吹くときなどは仕掛けが安定しづらい面もあるのでその時々に合わせていくつかの号数を用意しておきたい。

小バリがオススメ

仕掛けだが基本は2本バリ程度にとどめておいた方がいい。仕掛けの全長も扱いやすいように1mまでにしておく。軽い小さなテンビン、オモリを使うのでそれほど仕掛けが長くなくても違和感なく食ってくるハズだ。

ここでもう一押し。最後の仕掛けのこだわりがハリ。キスは海底に引っ付いている魚ではなく、海底より少し上でエサを探しながら泳ぎ、海底に潜むエサを吸い込むように食べる。そのため、ハリも軸の長い吸い込みやすい形状を多用する。

春〜初夏のチョイ投げで狙うシロギス釣り ライトタックルで手軽に満喫競技用のキスバリ

ただ、軸が太い(重い)ハリ、号数の大きいハリは吸い込みにくいのでできるだけ小バリを使用したい。競技用などと銘打たれた小型のキスバリがあるので利用したい。吸い込みのいいハリほど、サオ先にアタリが出た時には食い込んでいるのでヒット率も格段に上がる。

エサはイシゴカイが定番

さて、仕掛けが用意できたら次はエサだ。エサはキス釣りの定番であるイシゴカイがメイン。

基本的にはハリの軸いっぱいに刺して、タラシは1~2cmほどと短くする。軸に対して真っ直ぐになるように刺すのはキス釣りの基本だ。エサの大きさについてはその時々で大きくかわる。たとえば、軸の部分のみでカットしたり、1匹丸ごと刺さないと食わなかったり…と釣りながら試してみて一番アタリが多くて、ヒットしやすい状況を探る。

春〜初夏のチョイ投げで狙うシロギス釣り ライトタックルで手軽に満喫イシゴカイは定番

ほかにキスの特効薬として春からエサ店に登場するのがチロリ。こちらはハリの軸いっぱいでカットするから、長さにして1cmあるなしで使用する。

春〜初夏のチョイ投げで狙うシロギス釣り ライトタックルで手軽に満喫キスの特効薬チロリ

もちろん、ゴカイが苦手な人もいるはずだが、人工の虫エサ(ワーム)も最近は非常によくできていて、食い込みもいいので、「どうしても虫エサは無理」という人にはオススメだ。

春〜初夏のチョイ投げで狙うシロギス釣り ライトタックルで手軽に満喫人工のゴカイ(ワーム)

次のページで釣り方紹介