春〜初夏のチョイ投げで狙うシロギス釣り ライトタックルで手軽に満喫

水温の上昇とともに波止周りや浅いサーフへ接岸してくるのがキス。豪快な投げ釣りも楽しいが、小気味いいそう快なアタリと引きを、ライトタックルで楽しめるチョイ投げのキス釣りは春から初夏のお楽しみ。関西の波止やサーフで手軽に楽しむためのキスゲームを紹介しよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

乗っ込みキス

投げ釣りやチョイ投げの対象魚としては、冬場のカレイと双璧をなすのが夏のキスだ。キスは場所によって違うが、冬を深場で過ごした後、8月ごろの産卵期に向けて、水温の上昇とともに浅場へとやってくる。

いわば、春~初夏はキスの乗っ込み期である。

いよいよキスの出番

産卵に備えて体力を蓄えるため小さな群れで砂泥底に潜むゴカイなどの多毛類、甲殻類などを主に捕食している。

そして、太陽の照り込みが強くなる連休ごろからは、まず水温の上昇しやすいごく浅場で釣れることが多い。この時期こそがライトタックルで楽しむのに最適なシーズンなのである。

キスの魅力

さて、キスといえばあのきれいなパールピンクの魚体から「砂浜の女王」なんていわれるくらい、美しさが際だつ魚である。が、反面、見た目とは違って、アタリは激しく何気なく置いていたサオが吹っ飛ぶような力強い引きを見せる。

そして、何よりも刺身はもとより、天ぷらやフライなどにするとフワフワ感のたまらない上品でいて、うま味の詰まった白身が特徴だ。

手軽なチョイ投げ釣り

そんなキスを釣る方法としては、古くから親しまれている20~30号といった重めのオモリを使い、4m級の剛竿で100m以上もぶん投げて引きずってくる本格的な投げ釣りが有名。

ただ、女性や子どもさんには少し体力的に荷が重い。それに前述のようにこの時期は特に良型キスが浅場=近場に寄ってくるから、もっと軽いタックルで楽しむことができる。それがチョイ投げという釣り。

その名の通り軽く「ちょい」と投げる感覚がうけて、連休ごろからキスの釣れる波止や砂浜では、家族でキス釣りをする姿が見受けられる。というよりも混雑するくらいの人気なのである。

浅場でちょいと投げて釣れるから手軽…なのは間違いないが、キスはたくさん釣ってナンボのターゲット。たくさん釣るにはそれなりのノウハウが必要である。

次のページでチョイ投げタックル紹介