タイラバ・ジギング・テンヤで真鯛 仕立て船で満喫【千葉県・加平丸】

タイラバ・ジギング・テンヤで真鯛 仕立て船で満喫【千葉県・加平丸】

いろんな釣りでマダイを狙いたいと、4月4日(木)内房の加平丸を仕立てた。ひとつテンヤ、タイラバ、ジギングと思い思いの釣りを楽しんだ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

大潮で高活性

6時30分に山田孝一船長の舵で出船。エサは冷凍エビが用意された。4月末ごろに、エビ漁が始まれば活エビとなる。気になる人は各船に問い合わせるといいだろう。

当日は大潮で一投目から高活性。どの釣りにも共通していることだが、潮流れのいい日を選ぶというのは東京湾内のエビエサを使ったマダイ釣りでは鉄則。ただ大潮であればいいと言うわけではなく、風向きや場所によっては潮が速すぎて難しくなるということもある。その辺が難しくも面白くもしている要因のひとつ。

朝イチはジギングでヒット

この日は、朝イチに水深40m前後のポイントで柳瀬さんが腹パンの2kgを30gのジグでキャッチ。キャストして広範囲を探り、リフト&フォールを繰り返して底上10mでヒットさせた。

タイラバ・ジギング・テンヤで真鯛 仕立て船で満喫【千葉県・加平丸】本命2kgを仕留めた

続けてタイラバでも

同タイミングで、60gの鯛ラバで狙った石井さんが0.8kg級。

タイラバ・ジギング・テンヤで真鯛 仕立て船で満喫【千葉県・加平丸】高活性時にはタイラバが活躍

鯛ラバでは潮流の強弱に合せてリトリーブスピードを調整する。リールのギア比にもよるが、この日のように大きい潮回りかつ、潮通しのいいポイントなどでは「仕掛けを回収しているの?」というくらいの意外と早いスピードが効くケースも多い。

狙うタナのほかにも巻きスピードの変化もいろいろと試すといい。

ゲストも多彩!

マダイ以外の魚も元気で、岩月さんは良型ホウボウを抜き上げた。また、回収中にも水深20m前後でイナダがアタったりと、いきなりチャンスタイム到来。

タイラバ・ジギング・テンヤで真鯛 仕立て船で満喫【千葉県・加平丸】ゲストのホウボウも

幸先のいいスタートでこの日は入れ食い?と思いきやその後は沈黙。水深40~49mの釣り場を転戦。

締めくくりは2.1kgマダイ

なかなか釣れない時間帯が続いたが、こういった日は得てして終盤に再びチャンスが訪れるもので、最終流し、朝に柳瀬さんがヒットさせたジグのカラー違いで石井さんがきれいな魚体の2.1kgを上げ締めくくった。

タイラバ・ジギング・テンヤで真鯛 仕立て船で満喫【千葉県・加平丸】終盤に2.1kgをゲット
次ページで最終釣果発表

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。