【玄海灘】ジギング最新釣果 大型ヒラマサに6kgタカバ(マハタ)

九州の沖釣りを代表する人気エリアの玄海灘。大型青物に、6kgのタカバなどクーラーに入りきらない程の好釣果が届いた。今回はジギングを中心に最新釣果情報をまとめてご紹介します。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

海龍丸

福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港の海龍丸の案内で4月7日に芦屋沖~玄界灘方面へジギング・電動ジギング便で出船したメンバーは、ブリ12kgを筆頭に3kgまで、ヒラマサ6~2kgなど青物全員安打でクーラーに入りきれずリリースする人もいたほど活性が高かったようだ。ほかアコウ、ボッコなども土産に。ジギング・電動ジギング便も出船中だが、ゴールデンウイークはジギング&タイラバ便の出船を受け付け中。

ブリをゲット
▼この釣船について
海龍丸
出船場所:柏原漁港

大黒丸

4月6日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の大黒丸がジギングで玄界灘に出船すると、大型バラシが多発しながらも大型ヒラマサ8kg、7kg、6kgを立て続けに仕留め計4尾をキャッチ。アコウ、アラカブも交じり土産十分の釣果となっている。

大型ヒラマサ

▼この船について
大黒丸
エリア:宗像エリア
出船港:鐘崎港

4月2日、福岡市中央区港かもめ広場前から出船しているは玄界灘のジギング~キャスティングで良型のヒラマサ、ブリ~ワラサがヒット。玄界灘初挑戦の釣り人も釣果があるなど、全員が安打。

全員安打でニッコリ
▼この釣り船ついて

出船港:カモメ広場前

千春丸・蛭子丸

4月7日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港から出船する千春丸と2隻体制の蛭子丸の案内で芦屋沖へSLJ(スーパーライトジギング)で出船したツボタさんはタカバ6kgの大型を見事に仕留め、その堂々たる魚体を披露。ほか青物もヒットした模様で今後も好ファイト期待十分。沖根魚五目ではボッコ、タカバ、マダイなど交え好土産も。

タカバ6kgを堂々披露

ジギングでは日によってヒラマサ10kg超、ヤズ、ブリ、マダイなど。イサキ五目狙いはイサキ良型~大型も。沖ノ島沖ではマダイ良型交じり有望。出船叶えば好釣果期待大。

▼この釣り船ついて
千春丸
出船港:柏原漁港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年4月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。