パックロッドでお手軽波止ライトゲーム 根魚連発【兵庫県・林崎漁港】

誰でも手軽に楽しめる釣りといえば、やはりメバリングやアジングなどのライトゲームだろう。使うルアーも小型で荷物が少ないため、電車釣行も可能だ。今の時期であればメバルが好ターゲットだ。そこで4月13日に兵庫・林崎漁港にパックロッドを持って電車釣行した。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

夕方から林崎漁港へ

今回使用したロッドは仕舞寸法がわずか26cmのモバトラ8PLUS1。トラウト用のパックロッドだがメバルなどにも使えそうな感じだ。リールはC2000番、ラインはエステル0.2号を巻いた。

メバルは夜が釣りやすいのだが、当日は夜に干潮を迎え、メバルにはよくない潮だが仕方がない。

午後6時ごろに林崎漁港に到着。メバルを狙う場合、漁港内の常夜灯付近を攻めて数釣りを楽しむ方法と漁港の外側を攻めてサイズを狙う方法があるが、今回は漁港内で手軽に楽しむことにした。

パックロッド

ピンテール系ワームで開始

海面を見ると予想通り潮位が低くなってきている。とりあえず1gのジグヘッドに1.5inchのピンテール系のワームをセット。暗くなってから常夜灯の明暗の境目や岸壁際を探ることにし、日が沈むまでは潮の流れの変化する場所や障害物付近などを探る。

林崎漁港の港内を探る

メバルを狙う時に重要なのは狙うレンジ(水深)とリールを巻くスピードだ。一定のレンジをキープするように心がけながら、ゆっくりとリールを同じ速さで巻き続けることが重要になってくる。

そしてルアーを沈める秒数をかえてメバルの反応があるレンジを探したり、リールを巻くスピードをかえて反応を探す。ジグヘッドの重さをかえたりワームの色やサイズ、形状をかえることも大切だ。

ミニサイズが連発

明るい間は反応がなかったものの日が沈むとアタリが出始めた。最初に姿を見せたのはタケノコメバル。魚は人の体温でやけどするので、リリースする場合はフィッシュグリップで魚をつかむようにして直接魚を触らないように心がけている。今回はフィッシュキャッチャーミニを使用した。

先ずはタケノコを

タケノコメバルをリリースした後、ジグヘッドを0.7gや0.4gにかえたり、ワームをいろいろかえて狙ってみる。するとガシラやメバルがアタってくるが、サイズはいまいち。だが潮位が低い割には魚は反応が良い。潮位が高い時に釣行すれば好釣果が出そうな感じだ。

同じ場所で粘っても魚がスレていくので、港内を少しずつ移動しながらキャストを続ける。

岸壁際で20cmメバル!

20㎝級メバルをキャッチ

岸壁際にジグヘッドを通すとアタリ。アワせるとメバルの引きが伝わってきたが、今までとは明らかに引きの強さと重量感が違う。上がってきたのは20cmの太ったメバルだった。

気が付くと時間は午後9時半ごろ。続ければまだまだ楽しめそうだったが、翌朝に用事があったのでここで納竿とした。

今回はメバル狙いでの釣行だったが、ルアーのライトゲームで楽しめる魚種は多彩。仕舞寸法の短いパックロッドがあれば、電車釣行はもちろん仕事帰りに釣りを楽しむこともできるので、皆さんもルアーでのライトゲームに挑戦してみてはいかがだろう。

<原田誠司/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
林崎漁港