海上釣堀で全ての青物を釣り切った!【じゃのひれフィッシングパーク】

海上釣堀で全ての青物を釣り切った!【じゃのひれフィッシングパーク】

兵庫・淡路島にある海上釣り堀・じゃのひれフィッシングパークでは今の時期、マダイ、青物に加え淡路島名物のサクラマスも放流中。4月12日、そんな春の海上釣り堀を訪れた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海上釣り堀

マダイがメイン?

今回サオを出すのは、「じゃのひれ釣友会」会長の岩崎義信さん。この釣り場に精通している方だけあって、どう攻略していくかが気になるところ。

海上釣堀で全ての青物を釣り切った!【じゃのひれフィッシングパーク】筏の風景

この時期の海上釣り堀の傾向としては、水温が上昇しきっておらず、特に青物は活性が低いと思われる。メインとなるのはマダイだろうと考えていたが、後に待っていたのはそれをかき消すような爆釣劇だった。

サクラマスを放流

釣り場はファミリーコースに隣接している貸切コースのJ(水深6~7m)。この日の魚の放流は午前7時ごろにマダイ、サクラマス、9時ごろに青物、10時にマダイの予定。

釣り開始はマダイ、サクラマス放流直後の7時過ぎ。

海上釣堀で全ての青物を釣り切った!【じゃのひれフィッシングパーク】放流の様子

タックルとエサ

岩崎さんはサオ3本を用意。この時期のメインとなるマダイ狙いの1本は、サオがMサイズ(3.5m)、ハリス3号、ハリはチヌバリ5号またはマダイバリ9~10号の仕様。

海上釣堀で全ての青物を釣り切った!【じゃのひれフィッシングパーク】マダイタックル

特筆すべきはエサの種類この日、岩崎さんはダンゴ、エビ、冷凍エサ、生きエサ…など、エサのジャンルごとに数種類を用意。こんなに用意しなくても…というくらいの量だったが、これが後々の釣果にしっかり影響してくることを、取材班はやがて思い知るのであった。

海上釣堀で全ての青物を釣り切った!【じゃのひれフィッシングパーク】エサ多すぎない…?

そして投入前にタナ取り。海上釣り堀ではタナ取りが重要となってくる。最初に狙うマダイはこの時期、底から30cmほどのタナにいるそうで、しっかりそのタナを狙うようウキ下を調整した。

2投目で早々にマダイ

そして最初は練りエサを付けて釣り堀の中央付近に仕掛けを投入。練りエサを付ける時はハリが見えないようにするのが大事だ。

早速アタリが!ウキが沈んでからもじっくり待つ岩崎さん。かなり沈んだところでアワせたがバラシ!

まだ食いが浅いか?

2投目。食いが浅いとはいえ、魚は即ウキを動かしにくる。1回沈んで、さらに沈む!そこでアワセ!掛かった!元気のいい引きを楽しんでこの日の1匹目をゲット。30cm級だ。

海上釣堀で全ての青物を釣り切った!【じゃのひれフィッシングパーク】この日の1匹目

マダイ連発!

3投目も即ヒット!しかし掛からず。ここでエサをササミに変更。すると速攻でヒット。

それから立て続けに釣り上げ、3匹目は少しサイズアップして35cmぐらい。ハリを飲み込んでいたので、噛まれないようにペンチを使ってハリ外し。

海上釣堀で全ての青物を釣り切った!【じゃのひれフィッシングパーク】ハリを飲み込まれたらペンチで

ここで岩崎さんはハリスを見せてくれた。ハリスはよれており、こうなるとすぐに切れてしまうので、こまめにチェックして取り替えたほうがいいとのこと。

海上釣堀で全ての青物を釣り切った!【じゃのひれフィッシングパーク】よれたらすぐ交換だ

他魚種狙うもマダイが・・

次のエサはキビナゴでサクラマス狙い。中層にいるはずと待ってみるが、マダイがすぐに食いついてくる! 入れても入れても即マダイ。

サクラマスを釣りたいから渓流用のブドウ虫を用意しても、マダイが掛かってくる。「ブドウ虫でマダイが釣れたのは初めてや!」と岩崎さん。気づけばマダイだけで10匹達成!

エサにより明確な差

次はオキアミを使ってみたが、途端にマダイは食ってこなくなった。ササミに戻すと即ヒット! この日はエビには食ってこないようで、エサの違いで釣果が左右されることは間違いないようだった

岩崎さんによると、最近の釣り堀のエサはイエローに着色するのが流行りだそう。岩崎さんが持ってきたエサを見るとササミ、ダンゴ、エビなど確かにイエローが多い。また、エサはササミが主流となっているらしい。

海上釣堀で全ての青物を釣り切った!【じゃのひれフィッシングパーク】最近のエサはイエローが流行り

釣果アップのポイント

ここで釣果アップのためのアドバイス。

海上釣り堀ではイトを垂らしてのんびり…もいいが、たくさん釣りたいなら仕掛けを左右、上下に少しずつ動かしたほうがいいとのこと。

お次は青物タイムに

9時前、キビナゴで狙っていたら居残りの青物(ハマチクラス)がヒット! マダイタックルなので、ハリス3号で慎重に時間をかけてやり取りする。そしてタモに入れてキャッチ。

青物の活性が上がったか? すばやく青物タックル(ハリス5号)、生きエサのアジに切りかえ投入。すると即ヒット! 今度はメジロクラスだ。

海上釣堀で全ての青物を釣り切った!【じゃのひれフィッシングパーク】メジロ級をキャッチ

居残りを2匹もゲットしてしまったが、時間も9時になり、青物が放流された。そしてヒット。青物の食いが悪そう?などという前予想もなんのそのの好調子であった。

しかし、そこからは食いがストップ。居残りの大きなソイなどが釣れたが、マダイも青物も食ってこない

次ページでサクラマス登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。