九州エリアのサーフゲームのキホンを徹底解説 実釣でブリ&ヒラスズキ

九州エリアのサーフゲームのキホンを徹底解説 実釣でブリ&ヒラスズキ

近年、全国的に人気が高まっている「サーフゲーム」。九州エリアでは大型のヒラメやブリ、オオニベなど四季折々の高級魚が釣れるというのも魅力のひとつだ。サーフゲームはロッドやルアーのセレクト、海の状況、そして攻め方など堤防釣りとはまた違った面白さも。今回は、九州サーフルアーフィッシングを詳しく解説。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ナブラが発生!!ブリヒット

ヒラメからの反応がないまま正午の終了時刻が近づいてきた。

ラスト10分と諦めかけていた時に突然目の前でナブラが起きた。向かい風で100mほど先だったので正直届くか不安だったが、フラッター30gを40gに交換してフルキャスト。

ギリギリ届いたその3投目で首を振る重量感のある魚がヒット!初めはシーバスかと思ったが砂浜に寄せると80cm台のブリだ。ウネリが高いので慎重に寄せるが重くて砂浜にずり上げることができない。波打ちギワでしばらく格闘した末、釣友に手伝ってもらい無事ランディングできた。

九州エリアのサーフゲームのキホンを徹底解説 実釣でブリ&ヒラスズキピンクカラーのフラッターで良型ブリをゲット

釣友もそのチャンスを逃さずブリをダブルヒットすることができた。時合いはほんの15分ほどであったが、粘り勝ちの釣果であった。

鹿児島のサーフは5月くらいまでヒラメやブリが狙えるのでまた大物を求めて釣行したい。

<週刊つりニュース西部版 河野剛志/TSURINEWS編>

▼この釣り場ついて
唐浜
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年4月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。