旬のメガアジ釣り 脂ノリノリ40㎝頭に30尾【三重県・三幸丸】

旬のメガアジ釣り 脂ノリノリ40㎝頭に30尾【三重県・三幸丸】

少しずつ暖かく春らしくなり、釣りに出かける人も多くなったのではないだろうか?伊勢湾ではいろいろなターゲットがある中、今産卵直前で脂がタップリ乗った旬の大アジを釣りに4月6日に釣行。三重県鳥羽市石鏡(いじか)港の三幸丸にて出船。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

35cm級アジがお出迎え

当日は午後1時に出船し、港から10分程度でポイント到着。当日の潮回りは大潮。南西の風が弱く吹いており、波は穏やかであったが、船が立てられずになかなかポイントに入れない。

苦戦していたが、船長が何回か船を立て直したその時、乗船者皆の電動リールが(ウィーン)と鳴りだした。タモに収まった本命は35cm前後まずまずのサイズのアジで、皆さん満足顔。

タックル&仕掛け

私の使用したタックルはサオが真鯛ハイパースペック2.4m、電動リール800番にフロロカーボン3号を200m、リーダーはフロロ7号を5m巻き。

胴つき仕掛けは「ケイムラファイバー」、テンビン仕掛けは「イサキアジ3本仕掛」。両仕掛けともにハリス2号、3号をチョイス。

旬のメガアジ釣り 脂ノリノリ40㎝頭に30尾【三重県・三幸丸】私用したタックル&仕掛け

釣果アップのコツ

水深35mで、船長からは「20mから30mで反応あり」とのことだが、オモリ80号で投入すると潮がぶっ飛び状態。120号にかえてもイトは45度。

42mぐらいで底がとれたので、34m付近を狙ったら心地のいいアジのアタリ。ハリが掛かっている口穴を広げないイメージで、無理をせず電動リールのドラッグを緩めに設定し巻き上げる。

まきエサはアミエビ、時合いの時の刺しエサはイカ短(切身)かオキアミSを使用。食いが渋くなった時はハリスを2号にかえ、イカの切り身を小さくしてチョン掛けし、アミエビをまいて誘い上げ、少し送り込むとアタリが多く出た

最終釣果

旬のメガアジ釣り 脂ノリノリ40㎝頭に30尾【三重県・三幸丸】納得サイズのアジ

潮が速くバラシも多かったが、皆さん本命の25cm~40cmを15~30匹とまずまずの釣果であった。

アジは持ち帰り、腹を開けると卵や白子がタップリと入っており脂がのって大変美味であった。

次ページで今後の展望

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。