伝統釣法『シャクリマダイ』 リールを使わず真鯛を釣り上げる【内房】

伝統釣法『シャクリマダイ』 リールを使わず真鯛を釣り上げる【内房】

内房の上総湊や竹岡は伝統釣法のシャクリマダイが盛ん。「この釣りひと筋」という熱狂的なファンが多い。釣果は連日上向きで、数型ともに有望。「やってみたい」という人にはお勧めできるシーズン。釣り方を紹介しよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

シャクリマダイ概要

手バネと呼ばれる、イト巻きの付いた極先調子1.5m前後の竿を使用。

伝統釣法『シャクリマダイ』 リールを使わず真鯛を釣り上げる【内房】タックル例

特徴的なのは、ヒロ単位(1ヒロ=1.5mまたは1.6m。船宿により異なるので要確認)でのタナ指示。

ミチイトにはそれに準じる。1ヒロ、10ヒロなどごとにマーカーを付けておく。ちなみにイト巻きは3巻きで1ヒロに。

いずれの船宿にも貸し竿が用意されているので、まずは貸し道具から体験することを勧める。出船中は船長も竿を出すので、分からないことがあればすぐに実践形式で教わることができる。

活きエサの付け方

4月末ごろから、各船に活エビが用意されることは多いが、漁の関係で獲れない場合があるので、気になる人は事前に確認したほうがいい。

せっかくの活きエサもエサ付け次第では意味をなさなくなるので、イラストを参考に確実に手早くおこなう。

伝統釣法『シャクリマダイ』 リールを使わず真鯛を釣り上げる【内房】エビエサの付け方

投入準備

仕掛けを遠くに投入できるよう、イト巻きからミチイトを少し出し、足や船縁などにからまないよう足元のオケに入れる。

または海水で床をぬらしておくと足元のミチイトの滑りがよくなり、からみ防止になる。ミチイトが引っかからないように足元の周辺はつねに整理整頓を。

投入

利き手にテンヤを持ち、もう一方の手で中オモリを持つ。前方にテンヤを放り、中オモリを角度をつけて投入。どちらもイトを張った状態で投げることが大切。これによりオモリを支点にエサがゆっくりと落下する。

伝統釣法『シャクリマダイ』 リールを使わず真鯛を釣り上げる【内房】中オモリとテンヤ

シャクり方

エサが指示ダナに届いたら竿先を海面まで下げ、頭上まで勢いよくシャクり、エビが跳ね上がるのを演出。

シャクり上げたら竿先をすぐに下ろし、エビとテンヤの重みだけで自然にエサを落下させる。シャクリごとの間隔は状況によって変わるが、5~15秒に1回が目安。

アワセ方

アタリがあった瞬間に素早く、力強くアワせることが肝心。硬い口に食い込むように一手、二手と力強くイトをたぐりアワせる。

伝統釣法『シャクリマダイ』 リールを使わず真鯛を釣り上げる【内房】確実に力強く合わせる

ここでポイントとなるのは一手~二手とスムーズに移れるかどうか。あわてず落ち着いてアワせられるように、事前に何度か練習しておくといいだろう。

伝統釣法『シャクリマダイ』 リールを使わず真鯛を釣り上げる【内房】合わせ方のポイント

アワセが決まれば、ミチイトをたぐる。ヒジを支点にして腕の角度でテンションを調整するのがコツ。

リールのドラグがおこなっている作業を、手からミチイトを通じて伝わる引きの強さで判断して調整する。魚が一気に走った場合はイト巻きから素早くイトを送り出す。

のされたり、ミチイトを送る余裕がないような大物が掛かった場合、尻手ロープを竿尻に掛けて、竿を海中に入れ、尻手ロープでやりとりする。

シンプルが故に真剣勝負

シンプルな仕掛けでのやりとりはまさに一対一の真剣勝負。リールを使った釣りではなかなか体験できない面白さがあるので、病みつきになる人は少なくない。

シンプルかつ奥深い釣り。はじめるなら今。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年4月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。