マル秘ポイントでブラウントラウト 渓流ルアー【愛知・段戸川C&R】

マル秘ポイントでブラウントラウト 渓流ルアー【愛知・段戸川C&R】

愛知県・稲武町の名倉川漁協が今年から新たに始めた段戸川C&R(キャッチ&リリース)区間へ、3月12日に遊びに行ってきた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

段戸川C&R区間

前日に降った雨で若干の濁りと増水は残っていたが、これは自然が釣り人に与えてくれたチャンスだ。

この日は午後からしか釣りに行けなかったが、これがいい結果を招いてくれた気がする。現地に到着すると釣り人の姿は全くなし。まだこのC&R区間が知られていないということだろう。

昨年も釣り人にはほとんど出会うことのなかったエリアだから、釣り人が少ないのは当然。ただ違うのは、たくさんのアマゴが放流されているということだ。

マル秘ポイントでブラウントラウト 渓流ルアー【愛知・段戸川C&R】当日のC&R区間の様子

当日のタックル

早速タックルを準備して川に向かう。ロッドは5.6フィートライトアクション、リールはダイワジリオンSVTW、ラインはPE1号、リーダーはフロロ3号、ルアーは5~7gのスプーンだ。

まずは落ち込みの淵から。底を意識して誘い続けるが、反応がない。一番期待していたポイントだけに残念だ。でも粘っても釣れそうにないので、すぐに移動した。

まずは20cm級アマゴ1匹

次は前回アマゴの群れが泳いでいたポイント。

今回は濁りでアマゴは確認できなかったが、岩陰や流れの脇にいるのではと思い、スプーンを送り込みリーリングすると、ギラッと銀鱗が反転。アタリは伝わらなかったが、アマゴがいることは確実だ。

ルアーを撃ち込むポイントを少しずつ変えながら釣り続けると、アマゴの反応が続きようやく1匹がハリに乗った。サイズは20cmを下回るぐらいだが、釣れただけでも満足だ。

狙いのブラウントラウト!

1匹釣れたので移動も考えたが、先ほどから反応する魚の中で1匹だけ気になるヤツがいた。サイズがひと回り違い、色も違って見えた。そこでその魚が反応してきた流れで、ゆっくりルアーに変化を与えながら誘ってみると、数投目にヒット。

ライトなロッドがきれいに曲がる。ラインは太めなので切られることはない。バラさないように丁寧に寄せて、足元のブッシュをかわしてネットに収めた魚は…。

「やった~!!」狙いのブラウントラウトだ。

マル秘ポイントでブラウントラウト 渓流ルアー【愛知・段戸川C&R】ブラウントラウト

昨年までこのブラウンを狙って通った川、今年からC&Rになったが、まだまだブラウンが残っていた。

C&R区間だが、ブラウンは対象外。持ち帰って食べてほしいとのことだ。

次ページで今後の展望

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。