バチ抜けパターン完全解説 3分で理解できる良型シーバス数釣り攻略法

バチ抜けパターン完全解説 3分で理解できる良型シーバス数釣り攻略法

シーバスを愛する釣り人が待ちに待った季節だ。ニョロニョロとちょっと気持ち悪いけど、大興奮する「バチ抜けパターン」が開幕。良型の数釣りが楽しめ、シーバスフィッシングを始めるにも絶好のタイミング。今回はそんな激熱パターンを楽しむため、釣果に直結するポイントを解説しよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ルアーアクション

バチ抜けパターン攻略において、最も重要な要素はルアーのアプローチとなる。
特にルアーを流す速度が重要となり、バチの動きに同調し、シーバスに違和感を与えないことが釣果を分けるポイントとなる。

バチ抜けパターン完全解説 3分で理解できる良型シーバス数釣り攻略法ハマれば爆釣も楽しめる

イメージする状況としては、遊泳力の弱いバチは潮流に逆らって泳ぐことはなく、シーバスは流れに頭を向けて流されてくるバチを待っている。

そのためアプローチは潮流の効いたポイントを狙い、潮上にキャストする。ルアーを潮流に乗せて、潮下へと流していこう。このときの注意点としては、自らのリーリングでルアーを必要以上に引っ張らないことだ。

リーリングはイトフケを回収する程度。あくまでもルアーの動きは、潮流に委ねることが大切だ。また、ルアーアクションについても同様の考え方となり、自らが穂先を動かすなどしてアクションを演出するのではなく、ルアーが持つ自然なアクションでアプローチしてみよう。

バチ抜けパターン完全解説 3分で理解できる良型シーバス数釣り攻略法ルアーアクション図

また、構えるロッドの角度でルアーの潜航深度を微調整し、シーバスの反応を探ってみよう。ロッドを立てることによって、ルアーは海面直下で引き波を立ててアクションし、逆にルアーの遊泳層を下げる際は、ロッドの構えを下げてみよう。また常夜灯下や明暗部では、明るい場所から流されるバチをイメージし、暗部で待ち構えるシーバスへとルアーを流し込むイメージだ。

バチ抜けパターン完全解説 3分で理解できる良型シーバス数釣り攻略法外灯下にはバチが集まる

アタリはショートバイト

バチを捕食する際のシーバスは逃げ惑う小魚を捕食する際とは違い、軽く吸い込むような捕食形態を示す。そのため釣り人にはガツンッ!という明確なバイトが伝わりにくく、コツンとかコツコツといったショートバイトと呼ばれる非常に繊細なアタリが多い。

バチ抜けパターン完全解説 3分で理解できる良型シーバス数釣り攻略法ショートバイト図

このようなケースでは、「アタリはあるけどハリ掛かりしない」といった状況に陥りやすく、それを解消するためにも早アワセは厳禁。しっかりと手元に重みが伝わってからアワセを入れよう。またそれでもハリ掛かりが悪いような状況では、少しロッドを手前に送ってからアワセを入れるなども試してみよう。

やり取り&取り込み

取り込みに関してはハリ掛かりが浅く、リアフック1本だけといったケースも多い。ファイト中は強引なやり取りは極力控え、障害物の少ない河川や漁港などであればシーバスが走って抵抗したときは、リールのドラグを滑らせることによって体力を奪い、焦らずファイトしよう。

バチ抜けパターン完全解説 3分で理解できる良型シーバス数釣り攻略法焦らずファイトを!
またシーバスがジャンプした際にハリが外れることが最も多いので、ロッドを寝かせて穂先を海面に近づけることで、シーバスのジャンプは抑制できるので覚えておこう。
バチ抜けパターン完全解説 3分で理解できる良型シーバス数釣り攻略法エラ洗いは気をつけろ

春の風物詩を楽しもう

春の風物詩ともいえる、バチ抜けパターンは、ポイント選びや釣行のタイミング、アプローチの基本をマスターすれば必ずイージーな展開が待っている。大爆釣も珍しくないので、今回の解説を参考にしていただき、シーバスとのビッグファイトを堪能していただければと思う。

バチ抜けパターン完全解説 3分で理解できる良型シーバス数釣り攻略法基本をマスターしよう

<週刊つりニュース中部版 橋本広基/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年3月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。