東京湾LTアジ 渋いながらもアジフライ分確保【神奈川県・つり幸】

2月前半、東京湾川崎のつり幸からLTアジ釣りへ行きました。ひさびさのアジ釣りです。狙うは美味しいアジ100尾!

●神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日のタックル

久しぶりのアジ釣りでワクワクします。タックルはリールがバルケッタ300HGに、ロッドは海明210を使用しました。ミチイトはバリバス小船マスターPE LS4の1.5号。

仕掛けを丁寧に準備

水深30m前後と浅場でのアジ釣りなので、使用するビシは40号と軽めです。午前船なので、短い時間でも釣りを堪能できるよう、気合いたっぷりでいざ出船。

仕掛けと釣り方

ポイントには約20分ほどで到着。仕掛けはバリバス船仕掛けマアジを使用します。エサの青イソメは2cmほどにカットしてチョン掛け。ビシにコマセをつめて、準備完了です。

バリバス船仕掛けマアジ

船長の「下から3mまで探ってみて~」のアナウンスを合図に一斉に投入します。釣り方は、ビシが着底したら、1m巻いてシャクる。もう1m巻いてコマセを撒き、さらに1m上げてアタリを待つ。これを繰り返します。

一生懸命コマセを撒いてアジを寄せようと頑張りますが、なかなか最初の1尾目が釣れません。

やっとアタリ!

そんななか、ベテランが1尾目のアジゲット。「やっとアジが寄ってきたかな?」と、気持ちが高ぶります。

私もどんどんコマセを撒いて、ゆっくり誘い続けていると、クンクンっと竿先にアタリ。「やっときた~」と、慎重に巻き上げると海面にくるくる円を描きながらかわいいサイズのアジが釣れました。

1尾目ゲット

やっと釣れた1尾目はとてもうれしかった。このあと、ゆっくり誘ったり、少し底付近で待ってみたりと、パターンを変えながら続けてポツポツ追加。

最終釣果は?

しばらくして釣り場を移動することになりました。10分ほど走ったところで再開。ここでも同じような誘いをしていると、今までとは異なるグングンと大きな引き。「2点掛けかな~?」と、リールを巻いてくると大きな本命のダブル。

ダブルヒットにニッコリ

残り1時間で嬉しい一荷です。釣り場を移動してからはサイズも一気に大きくなりました。さらに、残り30分でアジとは違うアタリ。良型のイシモチが釣れたところで沖上がりの時間。

お世話になった船宿の前で記念撮影

釣果は13尾。ちょっと不完全燃焼だけど、これもまた釣り。「釣れるときもあれば、釣れないときもある…」。でも、今度はまんまるに太った美味しいアジを100尾釣りたいな。

次ページでアジフライレシピ紹介