厳寒期のボートルアー釣行で85cmマダイにヒラスズキ3尾【長崎】バイブレーションが的中

厳寒期のボートルアー釣行で85cmマダイにヒラスズキ3尾【長崎】バイブレーションが的中

季節は2月初旬の厳寒期。今回ボートでのヒラスズキゲームで本命ヒラスズキに加え、ランカーサイズの真鯛等もキャッチしたため、その詳細を紹介する。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター・石橋健一)

アバター画像
石橋健一

石橋健一 Littlejackフィールドテスター、SeaBondsフィールドテスターとしてショア、オフショア問わず、四季折々の魚をルアーで追いかけている。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

本命のヒラスズキ登場

嬉しい外道がまず登場したが、本命はヒラスズキだ。本命をキャッチするべく、ひたすら磯際やサラシの境目にピンキャストを繰り返す。サラシの周りを探っていると金属的なバイトがあり、フッキング。同時にエラ洗いが見えた。ヒラスズキだ。

ヒラスズキはバレやすいため、エラ洗いしないようにロッドを下に向け、慎重にやり取りする。無事本命をキャッチすることができた。

厳寒期のボートルアー釣行で85cmマダイにヒラスズキ3尾【長崎】バイブレーションが的中本命ヒラスズキをゲット(提供:TSURINEWSライター・石橋健一)

その後は何回かバラシはあったものの、合計3匹のヒラスズキと外道で黒鯛もキャッチすることができ、釣行は終了となった。

厳寒期のボートルアー釣行で85cmマダイにヒラスズキ3尾【長崎】バイブレーションが的中クロダイも登場(提供:TSURINEWSライター・石橋健一)

当日の攻略法

当日はフローティングミノーやシンキングペンシルも使用したが、レンジが入るバイブレーションやジグヘッドに反応が良かった。今回は比較的水深のある場所に活性の高いヒラスズキが固まっていたため、レンジが入るルアーに軍配が上がったのかもしれない。

厳寒期のボートルアー釣行で85cmマダイにヒラスズキ3尾【長崎】バイブレーションが的中ヒットルアーはフォルマアディクト78mm(提供:TSURINEWSライター・石橋健一)

しかし別の日に行けば、その状況はことごとく変わるのがルアーフィッシングの難しさでもあり面白いところだ。釣れない時間帯においては、魚が活性が低くて喰わないのか、それともルアーセレクトが間違っているのか、的確に判断する必要がある。

今後春に向けて、さらに活性が高まるヒラスズキゲーム。筆者はショアからもヒラスズキを狙うため、白熱化してくる春はショア、オフショア問わず今後も狙っていきたいと思う。

厳寒期のボートルアー釣行で85cmマダイにヒラスズキ3尾【長崎】バイブレーションが的中ヒラスズキゲームのシーズンはこれからが本番(提供:TSURINEWSライター・石橋健一)

<石橋健一/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
ゑびす丸