ヒラメ解禁日を取材!ひと流し目から全員ヒット!【茨城県・浜べ丸】

11月1日(木)、茨城沖のヒラメが部分解禁して港は大にぎわいとなる。そんな特別な日に波崎の浜べ丸に乗船し取材した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ヒラメ解禁日の熱気

この日の朝は冷え込み、カッパの下にフリースや発熱下着を着用しても寒いほど。

4時すぎ、港に到着すると、釣り人の目は静えかに燃えながら思い思いの道具をセットしている。6人を乗せ5時前に出船し、魚礁周りのポイントへ航程1時間ほどで到着。

ひと流し目で全員ヒット!

横流しで狙うため潮まわりをしてから「水深47m。いいよー」と長谷川清船長から合図。

魚礁周りのため根掛かりが多い。ファーストヒットは、厚木市から訪れた小谷さん。普段は月2~4回の頻度で駿河湾でスルメやヤリと、イカをメインに五目釣りもやるそうだが、ヒラメだけはここへ通う。

ひと流しで全員がヒットさせ、着底同時ヒットなど出だしから好調。ふた流し以降も安定して釣れていく展開となる。

途中で船長から「いつ投入の合図がきてもいいようにエサつけしておいて」とマイクでアナウンス。実際に「今いいとこいるからすぐ落として」と言われて落とすと着した瞬間にアタってヒットする場面もあった。

全員が出だしから好調

当日最大76cm4kg!

田中さんは以前、渓流に出かけていたが今はヒラメ専門でくるそうで、2kgクラスを頭に8尾を上げた。

田中さんは良型多数の8尾で早めに納竿

水戸市から釣り仲間で来た長洲さんらは、「独自のポイントを知っていて釣らしてくれるので解禁日付近で毎年乗りに来ている」と、滑川さんや小沼さんも口を揃えて言っていた。

船長が漁師を始める30年ほど前に働いていた会社関係の人も八王子市から訪れている。

中盤は少し中だるみで食いが少し止まることはあったものの、小谷さんが当日最大の76cm4kgの良型をゲット。

後半になると食いが戻り、ミヨシでトリプルヒット、トモでダブルヒットしてタモ取りが追いつかないくらい釣れる場面もあるなかで帰船の時間となった。

次ページでタックル解説!