名古屋港内ボートシーバスゲーム激熱!ヒット連発!出たかランカー?!

朝夕はめっきり冷え込み、そろそろ防寒着が必要となってくる季節。今回のターゲットは名古屋港ボートゲームの主役シーバスだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

名古屋港シーバスの概況

10月末の早朝、10フィートアンダーソルトの伊豫部君と待ち合わせて、愛知県・飛島村の筏川から出船。

例年この時期は港内が適水温になり、沖からベイトが入ってシーバスも港内に入る。河川から下ってくるシーバスと混合し、各エリアで数釣りやランカー狙いができる。

ストラクチャーで1尾目!

今回は港内を入念にチェックする。ボートシーバスの面白さでありストラクチャーゲームだ。

ファーストポイントは壁。壁沿いをシャドウラップディープで攻める。壁スレスレをファーストリトリーブすると、ガツンとヒット。上がってきたのは50cm台後半の元気なシーバスだ。

伊豫部君にも同サイズがヒットし、無事にランディング成功。この壁で2匹追加し、次のエリアに移動。

ランカークラスヒット!


バースの隙間から60cmアップが登場


この後、満潮止まりで厳しい時間が続いたが、下げ始めにバースの隙間を360GTで撃っていると、ゴンとヒット。60cmクラスのなかなかのシーバスだ。

さらに数投目にはやや小ぶりの50cmクラスを追加した。次に下げ潮が効きだしたタイミングで浮き物を狙いに行く。

シャドウラップディープで浮き物の周りをトレースしていると、ゴンとヒット。ドラグを鳴らし何回も突っ込む。

水面に姿を見せたのはまさしくランカークラスだ。しかし、ボート際の突っ込みで痛恨のラインブレイク。悔やまれる1匹となった。

気を取り直し、再度キャストを続けているとヒット。だが先ほどの重量感はなく、上がってきたのは50cmぐらいのシーバスだった。

次ページでもヒット連発!