今週のヘラブナ推薦釣り場【山梨県・精進湖】

山梨県南都留郡富士河口湖町にある精進湖に待望の新ベラが放流された。その数全湖で約3t。うち赤池地区では1tが放たれた。同湖の釣期は3月〜11月末まで。少し早いかもしれないが、3月の解禁に備えて釣り場を紹介しよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

概況とポイント

精進湖・赤池

10月22日に約3tの新ベラが放流された。赤池地区からは1t。

翌日に取材をしたが、放流日と同様に新ベラはあまり口を使わなかった。水温が冷え過ぎているわけでもないので、何かほかの原因があるのかもしれない。しかし夕方にはアタリが増えてきたので、数日もすれば荒食いがあるはず。

水位は相変わらず高めで、浮島の頭に生えた草がかろうじて見えるくらい。西湖が水を落としており、精進湖もそれに同調して減水する。このまま大雨などがなければ、徐じょに平水へと向かうだろう。水色は良好で魚も赤池地区に大量に入っている。

ただしそのほとんどが良型旧ベラまたは地ベラなので、意外にも釣るのは難しい。簡単に攻略させてくれないところが、かえっていつもと違う赤池の釣りを楽しめるかもしれない。

なお同湖のヘラブナ釣りの釣期は3月〜11月末日。

水深

高水位のため、いつもより2~4尺長めの竿を継がないと底にエサが届かない。たとえば平常水位なら18~19尺で底釣りができた黒岩ロープ周辺は21尺前後が必要だ。

ただし平水なら浅くて敬遠しがちだった浮島ロープ周辺が十分な水深になっているのは朗報。底の状態が気になるが、普段は浅かったポイントを狙ってみるのも面白い。

宙釣りなら全てがポイントと言っていい。風向きや入釣者数を考慮してポイントを決めよう。新設されたハヤマロープは意外に風裏になりやすいので黒岩・コタツなどのメジャーロープが混雑した時は面白いだろう。

ポイント:黒岩ロープ周辺

次ページで釣り方解説!