これぞ〝動〟の釣り!初心者必見テンヤマダイ【キホン&釣果情報】

マダイを狙う釣法でコマセが〝静〟の釣りなら、アタリを積極的にアワせるひとつテンヤは〝動〟の釣り。極細ラインでスリリングな勝負ができるのも魅力のひとつだ。今回はこのテンヤマダイ釣りのキホンとなる釣り方を紹介する。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

テンヤマダイ釣りの餌

エサは冷凍エビを使用。尾羽根の根元を半分残して切り取り、そこから親バリを通し、腹側に抜く。

孫バリはエビの頭部に刺す。崩れないように注意して、食い渋りの時にはハリ先を頭にうずめるようにしたり、横から刺したりとその日の食いに合わせるといい。

一部では時期により活エビが使える所もあり、エサ持ちがいいと評判。

テンヤマダイ釣りの竿

2.2~2.5mの専用タイプがベスト。8対2~7対3調子で、極小のテンヤの着底やわずかなアタリをとらえることのできる穂先感度のいいものを選ぼう。

またガイド性能も重要で、ライン滑りのいいガイド搭載モデルがお勧め。持っていない人はキス竿やメバリング用でも代用が可能。

テンヤマダイのリール&ライン

タックル例

ドラグ性能に優れ、PEライン1号を200mくらい巻ける2500~3000番クラスのスピニング。

スピニングタックルを使う理由は、軽いテンヤを自然に落とし込む必要があるため。テンヤが重めなら両軸でもいい。

ミチイトは視認性のいい10mごとに色分け、5mと1mにマーカーの入ったPEライン0.6~0.8号150~200mを巻いておく。

より自然なライン放出が必須なので、下巻きするなどスプールいっぱいに巻くことが大切。サキイトはフロロカーボンライン2~3号3~5mを基準に。

使用するテンヤ

ポイントによるが、テンヤは3~12号を用意しておこう。潮の速さや魚の活性に応じて号数を使い分ける。号数が大きいほど着底は分かりやすく、初心者は重めから始めるといい。予約時に船宿に使用号数を聞いて揃えておきたい。

テンヤの色はエサ取りが少ないときは金などのアピール系、濁りが強い日や朝夕マヅメにはグローなど、水深、天候(光量)の状況によって使用する。

投入~底取り

竿の反動を利用して、テンヤをやや潮上にアンダーキャスト。リールのベールを起こし、人差し指でサミングしながらテンヤを底まで落とし込む。このとき、竿を上下させラインの落下をアシストする。

テンヤが着底するとミチイトがフケるので、素早く巻き取りミチイトを張る。まず、底を取れる(着底が分かる)ことがこの釣りの基本だ。

テンヤマダイの釣り方&誘い方

釣り方図解

若干底を切ってテンヤを浮かせた状態(ベタ底~50cmくらい)でしばらくアタリを待つ。ここで反応がなければ、竿いっぱいに大きくゆっくりとシャクり上げ、テンションフォール(ミチイトを張った状態でゆっくり竿先を下げていく)でテンヤを落とし込む。

潮の速さによって違うが、この誘いを2~3回繰り返すと潮流の影響でテンヤが浮き、ミチイトが斜めになり、底が取れなくなる。ここでミチイトを出すのではなく、一旦仕掛けを回収。エサのチェックをして再投入。このサイクルを繰り返しながら根気強く攻める。

 アタリとアワセ方

アタリは最初の落とし込み中や、着底直前に訪れることが多い。ただ、イワシなどのベイトが回遊しているときには、中層でアタることも。ミチイトのマーカーを見ながら、つねに水深を把握しておくことが大切になる。

アタリは竿先にコツンと小さくでたり、ミチイトがフケるなどさまざま。違和感があったら、シャープに即アワセを入れるのが基本。

当日の活性で食い込む(フッキングに至るまで)タイミングに若干の誤差もある。即アワセなのか、ひと呼吸置いてからアワせるのか、その日のタイミングを見つけることが釣果を左右する。

テンヤマダイのやりとり

アワセが決まり魚が掛かったら、竿を立てて一定の速度で巻き上げる。ポンピングはバラシにつながりやすいため、極力避けたい。

良型がヒットすると一気にリールからラインが引きだされる。ドラグは緩めにしておくが、焦って無理に止めようとして急に締めればラインが切れるので、巻き続けながら弱まるタイミングを待つ。

やり取りはいつも楽しいぞ

大型や青物だと上げるのに時間はかかるが、タックルと仕掛けを信頼し、駆け引きを楽しむくらいの気持ちで海面まで浮かせよう。

フィニッシュは確実に。船長にタモ取りをお願いするのが賢明。

次ページで関東エリア釣果情報!