エリアトラウト釣行でメタルバイブレーションルアーに連発【滋賀・アクアヘブン】

エリアトラウト釣行でメタルバイブレーションルアーに連発【滋賀・アクアヘブン】

雪も降り始めて冬本番になってくると風も強い日が増えて、海に行きづらくなってしまいます。そんな時こそやってほしい釣りがエリアトラウトです。今回は自宅から近いフィールドで短時間ですがいい釣りができたので紹介していきます。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター岡本侑樹)

Avatar photo
yuki

滋賀在住。好きな釣種はバス、シーバス、ライトゲーム 、ネイティブトラウト。タイミングが合えば日本各地へ遠征フィシングにも挑戦中!

×閉じる

ルアー&フライ トラウト

アクアヘブン

今回選んだフィールドは滋賀県大津市にあるアクアヘブンです。湖西道路の真野ICから降りてすぐの場所にあり、アクセスも抜群によいです。

場内はビッグトラウトゾーンとバラエティゾーンに分かれており、ビッグトラウトゾーンではその名の通り大きいサイズの魚が多く入っています。特にここのイワナのサイズは他のフィールドよりもよく、中々お目にかかれない40cmを超えるサイズを狙うことができます。

また、バラエティゾーンでは小から中サイズのニジマスが多く入っており、比較的数が出やすくなっています。

今回の作戦

今回は短時間ということもあり、普段はビッグトラウトゾーンをメインに釣行することが多いですが、バラエティゾーンをメインにし、1匹でも多くの魚に触る作戦で釣行を行ってきました。また、ルアーのローテーションも少し早めにし、手早く狙うレンジを決めていきました。

放流直後に連続ヒット

最初の30分間はたまたま場所が空いていたのでビッグトラウトゾーンへ入ります。しかし、アタリは数回あったもののバラシやショートバイトに苦戦し、1匹もキャッチすることができませんでした。そこですぐに見切りをつけてバラエティゾーンに入ります。

すると入ってから5分後に放流が開始され、一気に活性が上がったため、放流対策の2.8gと少し重めの金系カラーのスプーンを投入し連続キャッチに成功しました。時間が経つと少し魚は落ち着いてきましたが、ローライトだったためまだまだ金系カラーが効きそうでしたのでウエイトを1.5gまで下げてスローリトリーブで誘っていきます。するとこれまた反応がよくいい感じに釣れ続けました。

エリアトラウト釣行でメタルバイブレーションルアーに連発【滋賀・アクアヘブン】スプーンローテでニジマス(提供:TSURINEWSライター岡本侑樹)

次のページはメタルバイブで反応復活!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。