「焼酎お湯割りのお供」レシピ:タチウオのバジル焼き ハーブは最後に投入

「焼酎お湯割りのお供」レシピ:タチウオのバジル焼き ハーブは最後に投入

冬の船釣り(沖釣り)で手軽に釣れるタチウオ。煮ても焼いても美味しい人気魚だ。今回はタチウオのバジル焼きを紹介。「焼酎のお湯割り」によく合うひと品だ。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

Avatar photo
松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

持ち帰り方

釣り上げたタチウオは、そのままクーラーに収める。余裕があれば、頭と尾っぽの細長い部分を切り落とし、ワタを出しておきたい。

自宅での下処理

持ち帰ったタチウオは軽く水洗いする。次にワタを取り、さばきやすい大きさにカットしてタッパーなどに移す。この時、タッパーにキッチンペーパーなどを敷いておくと、ドリップ(水気)がおさえられて美味しさが長持ちする。

3枚におろす

下処理を済ませたら、3枚におろす。腹側の黒い部分は苦いので、嫌いな人は取り除いておいたほうがいい。

「焼酎お湯割りのお供」レシピ:タチウオのバジル焼き ハーブは最後に投入腹側の黒い部分を取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

下味を付ける

3枚におろしたあとは軽く下味を付ける。塩コショウが定番。身が薄い魚だけに、皮目には付けず、腹側(内側)だけで十分。両方に付けてしまうと、味が濃くなるので注意したい。

「焼酎お湯割りのお供」レシピ:タチウオのバジル焼き ハーブは最後に投入腹側(内側)のみ下味を付ける(提供:TSURINEWSライター松田正記)

フライパンで焼く

下味を付けたら、フライパンでソテー(焼く)する。まずはオリーブオイルを敷き、身側から焼いていく。こんがりと焼き目が付いたら、ひっくり返し、皮目を焼く。しゃもじなどで押さえるようにして焼くと身が反りにくく、きれいに焼ける。

あとは市販のバジルを振りかければできあがり。「バジル焼き」と言っても、最後に振ることが香りを引き立たせるコツだ。

「焼酎お湯割りのお供」レシピ:タチウオのバジル焼き ハーブは最後に投入しゃもじで押さえながら焼き上げる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

そのまま保存も

すぐに料理しない場合は下味を付けた状態で冷凍する。その際は魚が重ならないよう並べ、ラップをかけて冷凍。食べる時は凍ったままラップを外して焼くと、形が崩れることなく、いい感じで焼ける。急な来客時にサッと調理できて便利だ。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。