茨城沖の船ヒラメ釣りが絶好調 3kg級頭にトップ8尾で船中全員安打【釣友丸】

茨城沖の船ヒラメ釣りが絶好調 3kg級頭にトップ8尾で船中全員安打【釣友丸】

解禁から好調を維持し、数・型ともに例年以上の釣果で盛り上がる茨城のヒラメ釣り。12月13日(火)、日立港久慈漁港の釣友丸にも、この時期を待ちわびていたファンが集まった。私も年間を通して各地へヒラメ狙いに出かけるフリークだ。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・菅野順也)

Avatar photo TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣友丸でヒラメ釣り

5時30分、水深27mのポイントに到着。若林正行船長のゴーサインで、生きエサにハリを掛けて投入。近況ではマイワシが不漁で、当日のエサはマイワシ・アジ・サバの混合。

周辺が暗いうちはアタリが遠かったものの、水平線のかなたが白み始めると、左舷2番の竿が曲がった。ヤリイカとヒラメ釣りがお気に入りの橋本竜英さん(宇都宮市)は「ヒラメ釣りは魚との駆け引きがおもしろさですね。やり込むほど答えが遠くなり、ハマります。マイワシにきましたよ」と、船中一番乗りで良型をキャッチ。

茨城沖の船ヒラメ釣りが絶好調 3kg級頭にトップ8尾で船中全員安打【釣友丸】釣友丸でヒラメキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・菅野順也)

続けて、アジ&サバを使用した私の竿にもアタリが伝わった。竿を持ち上げて間合いを詰める。「ゴツゴツ」と走り出してハリ掛かりに成功。2kg級を連続キャッチできた。

船長にうまく釣るコツをうかがうと「とくにコツはありません。ただ、大きなアワセや誘いはしないで、普通のヒラメ釣りをしてください。魚影の濃いポイントですから、生きエサを泳がせていれば食いついてきますよ」とのこと。

良型本命続々登場

日が昇ると、魚の食い気も上がってきた。ヒラメ釣り歴50年以上の高山義雄さん(水戸市)は「今までのベストは10kg。ヒラメ釣りはドラグが滑って悪戦苦闘するのが醍醐味ですね。まだまだ大きいのを狙いますよ」とのことだが、この日も3kg級を浮上させた。

茨城沖の船ヒラメ釣りが絶好調 3kg級頭にトップ8尾で船中全員安打【釣友丸】釣友丸で良型ヒラメゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・菅野順也)

ヒラメ釣りは毎年欠かさないという荒川繁さん(下都賀郡)は「私はアタリを目で見るのが好きで、置き竿がメインです。静かに待っていて、いきなり絞り込まれた瞬間がたまりませんね」と、竿の曲がりを見届けて1尾追加。

茨城沖の船ヒラメ釣りが絶好調 3kg級頭にトップ8尾で船中全員安打【釣友丸】釣友丸でヒラメヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・菅野順也)

次のページで最終結果は8尾ゲットで竿頭!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。