堤防ルアーカマス釣りで35cm級カマス好捕【千葉】 自分ポツポツ隣入れ食いのワケは?

堤防ルアーカマス釣りで35cm級カマス好捕【千葉】 自分ポツポツ隣入れ食いのワケは?

12月13日(火)、千葉県南房総市にある和田漁港に息子とカマス狙いで釣行した。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 山野正義)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

和田漁港でルアーカマス釣り

6時すぎに到着すると、息子の釣り仲間4人がすでに来ていた。私はカマスを釣るのは初めて。息子の竿を借りて挑戦。

漁港の前に行くと、地元の人がエサ釣りで30cm級を釣り上げた。「港から魚が出て行ったら釣れないよ」と息子から聞いていたので、これを見てひと安心。

漁港の右寄りに行き、2gのジグヘッドにピンク色のワームを付けてキャスト。7~8秒カウントダウンをとってからリールをゆっくり巻く。

開始20分後、息子の仲間が1尾目をキャッチ。2分後には息子が35cm超をゲット。私も早く釣りたいが、要領がわからない。息子のアドバイスを聞きながらキャストを繰り返していると、開始40分後に25cmのチビカマスが釣れたが、アタリはわからなかった。

エサ釣りの人が釣れているので魚は周辺にいるはずだが、なかなかアタリを出せない。底近くを狙ったり、表層を巻くなどいろいろ試すが変わらない。

隣の釣り人は入れ食い状態

港の入口付近のエサ釣りの人は、コンスタントに釣り上げている。その人の横に入った人がルアーで開始すると、1投目からヒット。それを見て堤防側に魚が着いていることがわかったので、息子と移動。ルアーの人の隣に入れてもらう。

期待を込めてキャストするが、まったくアタリが出ない。この間、隣の人は入れ食い状態。あまりにもアタリがないので釣り方を聞くと、5gのジグヘッドを使って底近くを引いているとのこと。

堤防ルアーカマス釣りで35cm級カマス好捕【千葉】 自分ポツポツ隣入れ食いのワケは?釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版 山野正義)

道具箱の中に2gのジグヘッドしかないので、小さなガン玉をハリの上に3個付ける。沖めにキャストしてワームが着底したのを確認し、隣の人と同じようなスピードでリールを巻く。しかし、アタリはなく、海藻がときおりハリ掛かりするだけ。

隣は相変わらず入れ食い状態。あまりにも私が釣れないので、その人が使っていたピンクと透明のワームをプレゼントしてくれた。これで釣れるだろうと思ったが、アタリが出ない。

準備万全でリベンジ誓う

息子は2gのジグヘッドから40cmほど離れたところに3号の中通しオモリを付けた仕掛けで遠投し、ポツリポツリと拾っている。私も同じ仕掛けに交換し、1尾目を釣ったワームに戻す。

最初のうちはゴミばかり掛かってきたが、リールを巻く速度を上げ、底から約30cm切ったラインを攻めるイメージで巻くと、やっと2尾目をゲット。しかし、ヒットパターンがわからず、ただリールを巻いているときに釣れてしまった感じ。

結局、12時に終了し、私は5尾、息子は16尾の釣果。型は30~35cmが中心だった。隣の人は入れ食いで、100尾前後の釣果を上げていた。近いうちに万全な準備をしてリベンジする予定だ。

<週刊つりニュース関東版 山野正義/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
和田漁港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2023年1月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。