「熱々のだしで身体ポカポカ」 釣り人的冬レシピ:寒チヌの焼き浸(びた)し

「熱々のだしで身体ポカポカ」 釣り人的冬レシピ:寒チヌの焼き浸(びた)し

九州地方では寒チヌがシーズンを迎えた。この時期のチヌはキビレも含め、脂がのり始めて美味しい。今回は「寒チヌの焼き浸し」。体が温もるひと品だ。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

Avatar photo
松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

適したチヌのサイズ

まずは焼き浸しにちょうどいいサイズから。いわゆる目利きだ。グリルに入る大きさも含めて25cm前後が理想だが、寒チヌは小型が少なく、最低でも30cm前後ある。これくらいまでがギリギリのサイズだろう。

下処理

持ち帰ったチヌ(今回はキビレを使用)はシンクに移し、水洗いと同時にウロコを剥ぐ。水道水をあてながら行うとウロコがさほど飛び散らない。ウロコを剥いだら、ワタとエラを取る。背骨付近の血合いは包丁の先を使ってこそぐときれいになる。

「熱々のだしで身体ポカポカ」 釣り人的冬レシピ:寒チヌの焼き浸(びた)しワタとエラを取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

切り目を入れる

ここからは焼く工程。下処理を終えたら、魚の片面のみに、約1cm幅の切り目を入れていく。あとは軽く塩を振り、グリルで7~8分焼けばOK。切り目を入れることにより、火の通りがよくなるうえ、だしが馴染みやすい。

「熱々のだしで身体ポカポカ」 釣り人的冬レシピ:寒チヌの焼き浸(びた)し切れ目を入れてグリルで焼く(提供:TSURINEWSライター松田正記)

だしの割り下

次の工程はだし作り。割り下は次の通り。市販のだし8、薄口しょう油1、みりん1。これを鍋に入れてひと煮立ちさせ、いったん別の器に移す。あとは焼き上がった魚に?ぶっかけ〟てもいいが、だしを付けながら「つけめん」的に食べるのもおつだ。

保存

最後に魚の保存について。すぐに食べない時は冷凍がおすすめ。その際は焼く工程の一歩手前で、キッチンペーパーに包んでラップをかけて冷凍する。3か月ほどはラクに持つ。食べる時は解凍して焼くだけ。シケで釣りに行けないとき、サッと調理できて重宝する。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。