夜の堤防投げ釣りでアナゴにキス手中【愛知・大野漁港】 豪華天丼に舌鼓

夜の堤防投げ釣りでアナゴにキス手中【愛知・大野漁港】 豪華天丼に舌鼓

いよいよ季節は秋から冬へ。この時季は愛知県内のどこかの港にマイワシが接岸していたが、今年は三河湾で情報があったもののすぐに鎮静化してしまった。ショアからの釣り物は限定されてしまうこの時季、そのなかで投げ釣りで狙えるアナゴは貴重な釣り物だ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

大野漁港でアナゴ釣り

寒マアナゴを天丼にしたら脂が乗っていてとてもおいしかったため、より大物を狙って12月10日、再び愛知県の大野漁港周辺に釣行した。数回通って釣れることは分かっているが、今回は「大物を釣るにはどうすればいいか」という命題を持って出かけた。

自宅を午後4時ごろに出発し、フィッシング遊の長久手店でアオイソメを購入、現地には6時30分に到着した。名古屋市内は気温18度とこの時期にしては暖かかったが、到着時の気温は14度。既に日が落ちて暗闇に包まれている。さらに気温が下がることを考えて完全冬装備の防寒で臨む。

夜の堤防投げ釣りでアナゴにキス手中【愛知・大野漁港】 豪華天丼に舌鼓タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

微風で波も穏やか。そのためか5~6人が釣りを始めていた。やはりアナゴ狙いのようだ。軽く会釈して前回よく釣れた場所に釣り座を構える。サオは2本、オモリは15号、ハリは丸セイゴ15号をチョイスした。

まさかのキスヒット

70m付近に遠投してアタリを見る。すぐにアタリがあるが、仕掛けが引き込まれないので上げてみるとエサが取られていた。3投続けてエサを取られた。前回はこの場所で釣れたが、アナゴは別の場所に移動し、その代わりにゲストがいるようだ。ハリを丸セイゴ12号として同じ場所に投入すると、今度は手応えがあるが重量感がない。20cmほどのハゼがエサを丸のみしていた。

夜の堤防投げ釣りでアナゴにキス手中【愛知・大野漁港】 豪華天丼に舌鼓大野漁港でヒットした落ちギス(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

エサ取りの影響で、1時間が経過したがまだアナゴを釣っていない。ゲストとして掛かってきたのは夏場に狙うシロギスだ。夏場は砂地の至る所で釣れていたが、この季節は落ちギスとして深場へ移動する。この場所に落ちているのか、あるいはたまたまいたのか。

50m付近でアナゴヒット

このままではエサを消耗するので、とにかくアナゴがいる場所を探す。70mに遠投、50m付近でアタリがあり、なんとかアナゴをキャッチ。1時間30分くらいかかってしまった。アナゴの場所を見つけることが釣果を大きく左右する。場所が分かったので、あとはルーティンの釣りをすれば順調に数を伸ばせるはずだ。読み通り、その後は順調にアナゴの釣果を重ねることができた。

夜の堤防投げ釣りでアナゴにキス手中【愛知・大野漁港】 豪華天丼に舌鼓大野漁港でヒットした良型アナゴ(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

大物を狙うために誘いを掛けてみた。遠投してから50m付近までゆっくり仕掛けを移動してくる。60mから50mまでチョンチョン引いては数秒止めてを繰り返す。だが単純な砂地ではないようで、すぐに根掛かりしてしまう。これでは思うように誘いを掛けられないので、着底後にイトフケを取った後に誘いを掛けるのは最初だけにした。

冬の落ちギス狙いも面白い?

今回は良型のアナゴを3匹キャッチすることができた。数は減ったが、全体的に型が良くなったように感じた。私見かもしれないが、誘いを掛けることで良型が寄ってくるのではないか。もう少し検証して確かめたい。

夜の堤防投げ釣りでアナゴにキス手中【愛知・大野漁港】 豪華天丼に舌鼓大野漁港の釣り風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

また今回アナゴに交じって25cmくらいの良型キスが4匹釣れた。夜釣りでハリのサイズが合っていないにもかかわらず釣れたため、この周辺は落ちギスがいる場所だと推定され、本格的に狙えばそれなりの数が釣れるのではないか。夏場しか狙ったことはないが、冬の落ちギスを狙ってみるのも面白い。機会があれば日中に狙ってみたい。

次のページで極上天ぷらを堪能!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。