投げ釣り愛好家が伝えたい【釣り場で出会った3つの「ありがとう」】

投げ釣り愛好家が伝えたい【釣り場で出会った3つの「ありがとう」】

釣り場では魚だけではなくいろいろな人との出会いもある。今回は私が過去に釣り場で出会った方々とのエピソード、特に「ありがとう」と言いたくなったエピソードを三つ紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター牧野博)

牧野博

初めて投げ竿を持ったのはもう50年近く前、関東で就職してからクラブに入会し、投げ釣りの面白さに魅了されました。根掛かりの多い砂地の磯場や河口内でわざわざ引き釣りをするという特異な習性があるほか、秋にはヘラ竿を持って汽水域を徘徊することもあるようです。

×閉じる

海釣り 投釣り

関西の釣りの思い出

シティーアングラーの場合、釣りを楽しむためには住んでいる町からある程度の時間をかけて釣り場に向かうことが多くなる。

例えば、大阪からの海釣りの釣行先なら、手近な場所だと播磨方面、泉南方面、少し足を延ばせば紀南や丹後・若狭湾周辺など、昨今は高速道路が伸びたので、山陰や紀東方面なども、比較的短時間で行けるようになった。

紀南方面は特に磯釣り場として人気が高く、今から約40~50年前には、天王寺から新宮方面に向かう紀勢線には、普通と急行1本ずつ、2本の定期の夜行列車が、名古屋方面からも定期の急行の夜行列車が1本走っていた。春から秋の釣りシーズンはそれでもさばききれず、天王寺-新宮間で臨時の普通夜行列車(いそつり号と愛称がつけられていた)が運転されるほどだった。

大学時代に、卒論実験で遅くなった時、帰宅するのに定期の夜行普通列車を何度か利用しているが、乗客のほとんどが磯釣り客のときも。特にグレ釣りのアングラーが多かったと記憶している。私もすでに釣りを始めていたので時折話しかけると、楽しそうに話をされる。その話を聞いているうちに卒論実験の疲れも消え去っていた。和歌山で降りる時、頑張ってくださいと声をかける。列車に乗っている多くのアングラーは周参見から串本で下車するものと思われるが、すでに眠っている人もいる。そんな情景が展開されていたのである。

今、釣りがティーンエイジャーや若い年代の女性に、かなり注目されているようだ。釣りの面白さというのは、一人一人のアングラーによって感じ方が様々である。大釣りに遭遇した。競技会で入賞した。投げ釣りの場合なら、飛距離が伸ばせた、ランク魚を釣った、数釣りができるようになってきたなど。 

それらの釣果や、釣り技術の面とともに、釣りを取り巻く様々なエピソードも、釣りの面白さのスパイスになっているはずだ。つたない自身の釣りの経験の中から、いくつかを紹介してみたい。

1、漁業者とのできごと

私は投げ釣りから釣りに入門した。これは父の影響であるが、今もメインの釣りジャンルである。投げ釣りというのはフィールドを選ばない。砂浜はもちろんのこと、漁港内の波止、河口部、砂泥底の周辺の磯など、ポイントは多彩だ。しかしこれらはプロの漁業者の生活の場である。

以前、ある漁港の波止でキスの引き釣りを楽しんでいた時のこと、漁港内というのはミオ筋(船道)が一つの定番ポイントである。そこを狙っていると港に入る遊漁船が接近してきた。当然、早めにリーリングして仕掛けを回収しようとするが、このときは遠投していた。「間に合わないかな」と思ったその瞬間、その遊漁船は速度を落としてくれたのである。

リーリングスピードを速め、何とか仕掛けを回収できた。「ありがとう」と船に向かって声をかけると、「何釣ってんのよ」と船頭さんからの声、短時間のやりとりだったので仕掛けを見せて「キス」と舌足らずの単語だけで返してしまったのだが、いまでもはっきりと記憶している。

仕掛けを無事回収できて、「ありがとう」というエピソードであるが、本来、ミオ筋は船の通行路であり、道糸が船とクロスしてしまったらアングラーの方が悪いのだ。それにしても非常に余裕のある船頭さんだと思った。それ以来、漁港で投げ釣りをするときには船の航行にかなり注意をはらうようになったと思う。

2、地域の方々とのできごと

海岸の姿というのは数十年のあいだにかなり大きく変貌する。アングラーが見つめているのは、釣り場に立った今、その時の海岸の姿であるが、昔の海岸の様子を知っていることは、ポイントを選ぶうえで参考になる。

以前、中紀の印南漁港でキス釣りをしていた時、地元の方が話しかけてこられた。何を釣っているのですかと問われたので、「キスです。」と返事する。しばらく話をしながら釣りをする。キス狙いの釣り人は比較的少ないようであるが、昔の海岸の様子をお伺いすることができた。漁港の波止が整備される前はここが砂浜海岸だったそうで、印南漁港には小さな川が流れ込んでいるが、そこを中心にして砂浜が広がっていたとのこと。

印南漁港は外に岩礁地帯が広がっているので、初めて訪れたアングラーにはキスのポイントとは思えない。私も投げ釣りを本格的に始めるまでは、キスが釣れる場所とは知らなかった。しかしこの地元の方の話を聞き、砂泥底でありキスが釣れる場所であること、河口部周辺にキスが寄りやすいこともよく理解できた。地元の方の話は、じっくりと耳を傾けるとポイントを考える上でヒントになることが多いものである。

投げ釣り愛好家が伝えたい【釣り場で出会った3つの「ありがとう」】護岸された港(提供:TSURINEWSライター牧野博)

次のページでは通りすがりの見物の人への「ありがとう」を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。