茨城の船エギタコ釣りで1.5kg頭にトップ9尾 船中全員安打

茨城の船エギタコ釣りで1.5kg頭にトップ9尾 船中全員安打

秋が深まるにつれて常磐の海でエギタコが活況に。そこで10月31日(月)、茨城日立港久慈漁協の釣友丸を訪れた。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

基本の釣り方

竿はエギタコ専用が理想的。2m前後の先調子でオモリ負荷40~80号。比較的水深が浅いので、PEライン3~4号が200m巻ける中型両軸リールでもいいが、良型に対応するには電動リールのほうが楽だ。

エギは3.5~4号で、カラーはできるだけ多く用意したい。豚の背脂やサンマの切り身などを巻き付けると、効果を発揮することも。オモリは60~80号を状況によって使い分ける。

オモリは底から離さずに竿先を小突いて、エギを躍らせて誘う。乗りが遠いときは、小突きの幅や速さを変えるといい。

茨城の船エギタコ釣りで1.5kg頭にトップ9尾 船中全員安打釣友丸でキャッチしたマダコ(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

竿先に何かしらの違和感があってもすぐにはアワせず、20~30秒そのまま小突く。エギを抱く間を与えてから、竿先を大きくあおってアワせる。アワセが甘いと巻き上げ途中でバラしてしまうことあるので要注意。タコが乗ったら、リールを一定のスピードで巻き上げる。

タコの大きさやカンナの掛かりどころによっては、迷わずにタモを使う。取り込んだら口が閉まる網に入れ、海水を注ぐオケに浸しておく。持ち帰ったタコは、小分けにして冷凍しておけば正月に美味しく食べられる。

<週刊つりニュース関東版APC・大村隆/TSURINEWS編>

▼この釣船について
釣友丸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年11月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。