茨城の船エギタコ釣りで1.5kg頭にトップ9尾 船中全員安打

茨城の船エギタコ釣りで1.5kg頭にトップ9尾 船中全員安打

秋が深まるにつれて常磐の海でエギタコが活況に。そこで10月31日(月)、茨城日立港久慈漁協の釣友丸を訪れた。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

釣友丸でエギタコ釣り

4時30分に船着場で受け付けが始まる。私の釣り座は左舷ミヨシ。5時に若林一若船長の操船で出船。天候は晴れ、少し北東風が強いのが気になる。

茨城の船エギタコ釣りで1.5kg頭にトップ9尾 船中全員安打タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

航程50分で釣り場に到着。「水深は27mです」とのアナウンスでスタート。竿の弾力を活かしてオモリ、エギを前方に振り込む。着底したらイトフケをとり、オモリを底から離さず寝たり立てたりの状態を保って小突き、タコにエギをアピール。誘いは手を休めず、常に続けることが大切だ。

レギュラーサイズ続々登場

開始早々、つくば市の山川久一さんが0.7kgのレギュラーサイズを取り込む。「待ちの釣りは苦手で、ルアーのように攻めるのが好き。エギタコも同様です」とにっこり。

茨城の船エギタコ釣りで1.5kg頭にトップ9尾 船中全員安打船中1尾目のマダコ(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

乗りが遠のくとポイント移動し、横流しで攻めていく。そのたびに、船中のあちらこちらでマダコが取り込まれていく。

小突きの幅と速さに変化をつけると、ジワッとしたモタレを感じた。そのまま小突きを続け、30秒ほど経ってから竿先を大きくあおると、ズシリという感触。ラインを緩めることなくリールを巻き、1kg級の良型を取り込んだ。

茨城の船エギタコ釣りで1.5kg頭にトップ9尾 船中全員安打良型が上がった(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

1.5kg級良型も浮上

背中合わせ竿を振る中村正美さん(茨城町)は、「今シーズン初めてのマダコ釣りだが、面白さは格別だね。これからしばらく楽しめると思うとワクワするよ」とレギュラーサイズを掲げてくれた。中村さんは1.5kg級を取り込み満足そう。

茨城の船エギタコ釣りで1.5kg頭にトップ9尾 船中全員安打1.5kg級キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

トモに座る今井正美さん(常陸太田市)は、豚の背脂を巻いたエギを使ってレギュラーサイズを立て続けに取り込んでいく。

茨城の船エギタコ釣りで1.5kg頭にトップ9尾 船中全員安打立て続けにマダコゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

前半は順調だったが、後半は北東風が強まり、ウネリが高くなる。それでも、誰もがエギタコの面白さを満喫し、12時ジャストに沖上がり。船中釣果は0.3~1.5kgマダコ3~9尾だった。

次のページで日立エリアエギタコの基本の釣り方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。