宮城・昆布沼のヘラブナ釣りで尺サイズ登場 多彩なゲスト混じりで満喫

宮城・昆布沼のヘラブナ釣りで尺サイズ登場 多彩なゲスト混じりで満喫

11月に入り東北では朝晩がぐっと冷え込む日が多くなってきました。例年であれば海では型のいいハゼがよく釣れる季節ですが、ここ数年はなかなか数釣りが望めずサイズも小ぶりが多いとの情報を仕入れ、釣行前日まで悩みましたが型のいいヘラブナが釣れる"可能性"があるフィールドへ、晩秋のヘラブナ釣りを楽しもうと出かけることにしました。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター菅野裕基)

菅野裕基

宮城県在住。淡水小物釣りから投げ釣りまでこなすアングラー。

×閉じる

淡水の釣り ヘラブナ釣り

宮城・昆布沼でヘラブナ釣り

宮城県桃生にある昆布沼は小規模な灌漑用野池でヘラブナをメインにマブナと鯉、クチボソ、オイカワ、ブラックバス、ブルーギル、雷魚と多彩な魚が釣れる場所です。沼の真ん中に桟橋が掛けられており釣り台も必要ないため気軽に楽しめるので私はよく訪れます。

当日は9時頃に到着し、桟橋の中央あたりに釣り座を構え11尺の竿で底釣りが楽しめるため用意しました。

宮城・昆布沼のヘラブナ釣りで尺サイズ登場 多彩なゲスト混じりで満喫昆布沼の桟橋風景(提供:TSURINEWSライター菅野裕基)

タックル

竿:11尺 バランスの底釣り
道糸:1.2号
ハリ:上下ともに茶へら改良スレ5号
ハリス0.6号 上が35cm下が40cm
ウキ:草月9番

エサ

エサはダンゴとグルテンのセット釣り。

ダンゴエサ

トロロの底釣りを使用。エサボウルへ先に水を50cc入れてから、とろろの底釣り200ccを入れ軽く混ぜ2~3回折りたたむようにする

グルテンエサ

わたグル BBフラッシュを使用。わたグル50ccに水が50cc、エサ持ち保つためにBBフラッシュ50ccを2杯入れ軽く混ぜ、水を吸わせるため数分放置する。

クチボソから顔出し

エサができて肝心のタナ取りも完了してあるので、いよいよ釣り開始。最初から本命が来るわけないので、まずはエサ打ちをします。すると、30分ほどでまずはクチボソ君がお出迎えしてくれました。

ここでのパターンとしては、まずはクチボソなどの小魚がエサに反応し、暫くするとウキの動きが一旦静かになります。周りに泡づけが見え始めると、「本命のヘラブナが近寄ってきたな……」という1つの判断材料になるので、気にせず釣り続けることにしました。

大型のマブナがヒット

そうすると水面上の赤いウキメモリがムズっと沈み、ギュンギュンと下に潜る強い引きが手元に伝わります。最初はヘラの尺半ばの力強い引きかと嬉しくなりましたが、顔を現したのは大きいマブナ(汗)。これも底釣りをするとよく釣れるゲストですね。数匹釣ると腕が疲れるくらいの引きの強い魚です。

宮城・昆布沼のヘラブナ釣りで尺サイズ登場 多彩なゲスト混じりで満喫潜水艦みたいな魚体のマブナ(提供:TSURINEWSライター菅野裕基)

次のページで尺サイズのヘラブナ登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。