鳥羽沖のジギング釣行でタチウオ18匹キャッチ 好ゲストにハマチも登場

鳥羽沖のジギング釣行でタチウオ18匹キャッチ 好ゲストにハマチも登場

9月後半から鳥羽でもタチウオが本格的に釣れだした。サイズも良型交じりということで、早速10月上旬に青物&タチウオジギングに出かけた。当日はシケでポイントが限定されたがタチウオ、ハマチの釣果に恵まれたのでレポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

青物&タチウオジギング釣行

釣行当日は、午前5時半に鳥羽市・安楽島の強丸の船着き場に集合し、準備を整えて6時すぎに出船。

鳥羽沖のジギング釣行でタチウオ18匹キャッチ 好ゲストにハマチも登場当日のタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

最初は湾内で青物狙いだ。約30分船を走らせ、ポイントに到着。水深は30mだったが、大潮で潮も速い可能性を考慮し、ジグは150gのTGベイトをチョイスした。

軽くキャストしてジグを着底させ、ワンピッチで潮の状態を確認する。潮もよく効いており、150gで問題なさそうだ。

すると早速の着底ヒット。引きからハマチのようだが、これは水面付近で無念のフックアウトしてしまった。船中でもポツポツと青物がヒットするが、連鎖はなく単発ヒットが多い。

この後アタリが遠のくが、9時すぎにようやく中層でヒット。やっとハマチをゲットするが、ハマチは5ヒットで2キャッチとやや消化不良だった。

ヒットパターンはワンピッチ

その後、タチウオジギングへ大きく移動する。ポイントに着くとすでにタチウオ狙いの船が集まり、トリヤマもできている。

16号のフロロカーボンラインを先イトに入れ、ジグは頑鉄のパープルグローをチョイス。誘いは3~4巻きした後、食わせの間を入れるストップ&ゴーとワンピッチの2つで探っていく。

まずはストップ&ゴーで始めるが、なかなかアタリがない。そこでワンピッチに変更。着底後、一定速度のワンピッチで誘いを入れていくと、50m付近でヒット。バレないよう素早くリールを巻き上げると、狙い通りのタチウオだ。大体のレンジが分かれば、後は狙いのレンジから10mほどジグを沈めてワンピッチで狙っていく。

タチウオは食いが下手なので、一定のリズムでゆっくりとしたワンピッチで狙う。アタリはフォール後の巻き上げで重量感が発生するので、ワンピッチのリフトがそのままアワセになり、後は素早く巻き上げる。

同じようにワンピッチで誘いを入れると、同じレンジで2匹目もヒットさせた。どうやらワンピッチが当日のパターンのようだ。

サイズは指3~3.5本程度と、この時期としてはレギュラーサイズだが、よく引いてくれる。

鳥羽沖のジギング釣行でタチウオ18匹キャッチ 好ゲストにハマチも登場指 3~3.5本が主体だった(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

当日の釣果

1時間30分ぐらいだったが、釣果は18匹とまずまず楽しめた。残念ながら、ドラゴンサイズはゲットできなかったが、ドラゴンサイズもよく釣れており、今後もタチウオジギングで大いに楽しめそうだ。

鳥羽沖のジギング釣行でタチウオ18匹キャッチ 好ゲストにハマチも登場当日の著者の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
強丸
出船場所:鳥羽市・安楽島
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年11月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。