鹿島沖エギダコ釣りで1.2kg頭にトップ30尾 根掛かりもほぼ無し

鹿島沖エギダコ釣りで1.2kg頭にトップ30尾 根掛かりもほぼ無し

秋もたけなわとなり、一段と成長したマダコを狙って初出船するというので、2人の釣友、町田立夫さん、井澤忠男さんを誘って、10月21日(金)、茨城鹿島新港の桜井丸を訪れた。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

桜井丸でマダコ釣り

この日を心待ちにしていた総勢12人のファンが、片舷6人ずつに分かれて乗船。私たちは左舷ミヨシ寄りに並ぶ。

鹿島沖エギダコ釣りで1.2kg頭にトップ30尾 根掛かりもほぼ無しタックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

5時10分、大川真一船長の操船で出船。天候は晴れで、南西の微風。海上も穏やかで、絶好の釣り日和になりそう。

朝の時合いは抜群の乗り

航程60分で釣り場に到着。風向きと潮の流れを読んだ船長は、迷わず横流しの態勢をとると「はい、いいですよ。水深は25m」とスタートのアナウンス。竿の弾力を活かし、アンダースローで仕掛けを前方へ軽くキャスト。ミチイトは船底へ向い少し斜めになって伸びていく。

オモリが着底したらイトフケを取り、小突いて誘いを入れる。小突きの要領はオモリを底から離さず、竿先をチョコンチョコンと小刻みに、オモリを立てたり寝かせる程度にするのがベター。

ジワッと早くも竿先がわずかに押え込まれた。そのまま5秒ほど小突き続けてからアオリを入れると、竿はまったく立たない。まるで根掛かりのようだ。それでもタコの乗りを信じて巻き上げにかかる。

それにしても重い。「これは2kg超えかも」と取らぬ狸の皮算用で慎重に巻き続ける。やがて浮上したのは、巳の頭ほどの石をガッチリと抱いてきたタコ。これには釣友たちも大笑い。

しかし、朝の好時合いはタコの活性が高く、抜群の乗り。持参してきた洗濯ネットの中には、5尾のマダコが収まった。

船中順調にマダコキャッチ

右隣の伊澤さんはマダコ初挑戦。見よう見まねで竿先を小突き続け、次々と型のいいマダコを仕留めている。「誘ってアタリを出し、タコがエギを抱くのを待って竿をアオったときに、ズシリとくる感触は快感だね」とすっかりハマった様子。町田さんも快調な滑り出しだ。

鹿島沖エギダコ釣りで1.2kg頭にトップ30尾 根掛かりもほぼ無しレギュラーサイズ連発(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

船長は、乗りが遠のくとすぐに竿上げの合図を出し、ここぞと思うポイントを次々と横流しで攻めてくれる。そして、釣り座の位置によらず、船中のあちこちでタコ踊りが繰り広げられる。

鹿島沖エギダコ釣りで1.2kg頭にトップ30尾 根掛かりもほぼ無しこちらも好スタート(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

左隣のアングラーは、飾り物は付けないエギ2本のみのシンプルな仕掛けで、順調に釣果を稼いでいる。よかれと思う仕掛けを、試してみるのも一手だろう。

次のページでヒットとまらずツ抜け続出!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。