全面解禁初日の外房ヒラメ釣りでトップ7尾 船中本命連発で好スタート

全面解禁初日の外房ヒラメ釣りでトップ7尾 船中本命連発で好スタート

外房地区のヒラメは、6月の銚子海域の解禁から始まり順次南下。大原海域は9月に部分解禁、10月からは全面解禁となった。10月1日(土)、全面解禁初日に外房大原の大吉丸から釣行。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

十分なお土産確保し満喫

当日は小型も目立ったものの1kg級が多く、最大で1.5kg超。型は物足りない感もあるが、平均で3~4尾と、数は十分だった。

全面解禁初日の外房ヒラメ釣りでトップ7尾 船中本命連発で好スタートお土産十分(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

部分解禁では水深40~50mの深場を狙ったが、今後は全域ということで20m弱の浅場が主体となる。さらに水温低下でイワシの回遊が多くなると、まさに大原のヒラメ釣りの真骨頂。水深5m、6mといった超浅場狙いも始まる。

浅場ゆえ青物を思わせる横っ走りも見られ、さらにイワシを追ってきた大ダイやサワラ、スズキなどの高級ゲストが上がるのもこれから。同沖のヒラメは、来春までロングランで楽しめる。

<週刊つりニュース関東版 坂本康年/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
大吉丸
乗船場所:大原漁港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年10月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。