熊本のタイラバ&SLJ釣行でネリゴ・ヤズ・スマガツオが入れ掛かり

熊本のタイラバ&SLJ釣行でネリゴ・ヤズ・スマガツオが入れ掛かり

9月中旬、熊本県天草市魚貫(おにき)から遊漁船リップルで釣行してきた。当日は、ダブル・トリプルヒットと40~50cmクラスのネリゴ、ヤズ、スマガツオの青物連発も、クーラー満タンとなった釣行をレポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

リップルでタイラバ&SLJ釣行

9月中旬、熊本県天草市魚貫(おにき)から遊漁船リップルで釣行する。メンバーは原さん、鬼塚さん、小塚さん。

船長が到着後、すぐに出船。まずは港から20分の魚礁から打っていき、徐々に沖を目指していく。

タイラバの私以外、みんなTGベイト45gを使用する。仲間内だと、タイラバ・SLJを試せてどちらへの食いがいいか見つけるのが早い。

熊本のタイラバ&SLJ釣行でネリゴ・ヤズ・スマガツオが入れ掛かり当日のSLJタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

だが、最初の魚礁には何もついておらず次のポイントへ。ここで原さんにヒットするが取り込み寸前でポロリ…30cmくらいのサゴシだった。

すると、今度は鬼塚さんにヒット。上がってきたのは30cmほどのキジハタ(アコウ)だった。

熊本のタイラバ&SLJ釣行でネリゴ・ヤズ・スマガツオが入れ掛かり根魚もゲストに(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

今度は、15分ほど船を走らせ沖のポイントに。ポイントに到着するやいなや、小塚さんが沖で何かが飛ぶのを目撃。「ドラム缶みたいなのが飛んでいるんですけど」100kgはあるマグロだ!マグロに対応できるタックルは私のキャスティングロッドしかなく、船首で待機しながらナブラ目がけて船は走ったが一気に沈下した。

青物ダブル・トリプル連発!

また沖のポイントに入り直し、TGベイト45gで軽くシャクリを入れ探っていくと、ここから青物連発劇!

船上で大忙しの船長を尻目にダブル・トリプルヒットと40~50cmクラスのネリゴ、ヤズ、スマガツオが掛かりっぱなし。船長も誰が釣った魚か分からない状態だ。

熊本のタイラバ&SLJ釣行でネリゴ・ヤズ・スマガツオが入れ掛かりネゴり連発(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

すると、鬼塚さんに強烈なアタリが。この日一番の引きでやっと上がってきたのは65cmのヒラマサ。

熊本のタイラバ&SLJ釣行でネリゴ・ヤズ・スマガツオが入れ掛かりヒラマサもきた(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

鬼塚さん初のヒラマサだが、あまり価値を分かっていない様子。小塚さんにもバラシが続いたが、ようやく青物を釣ることができ、まだまだこれからという時に限り東風の爆風が…。

クーラー満タンの釣果

次第に白波が立ち始めたが、クーラー満タンになっていることもあり帰港。

熊本のタイラバ&SLJ釣行でネリゴ・ヤズ・スマガツオが入れ掛かり筆者はネリゴをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

同船の最大サービスである魚の処理を全てしてもらい、みんなで魚を分けて帰路に就いた。魚の処理はウロコ取り、腹出しまでしてくれるので、帰ってから台所が汚れる心配もない。もちろん頭がいらない魚は落としてくれるので、その際は船長に伝えてほしい。

熊本のタイラバ&SLJ釣行でネリゴ・ヤズ・スマガツオが入れ掛かり当日の釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

<週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
遊漁船リップル
出船場所:天草市・魚貫漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年10月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。