全面解禁初日の外房ヒラメ釣りでトップ7尾 船中本命連発で好スタート

全面解禁初日の外房ヒラメ釣りでトップ7尾 船中本命連発で好スタート

外房地区のヒラメは、6月の銚子海域の解禁から始まり順次南下。大原海域は9月に部分解禁、10月からは全面解禁となった。10月1日(土)、全面解禁初日に外房大原の大吉丸から釣行。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大吉丸でヒラメ釣り

秋から冬場にかけ、これから本番を迎えるこの魚は、アタリを見極め、アワセのタイミングが難しいと言われる。それゆえに、人気は抜群。難易度が上がる厳寒期に備え、今からさまざまなアタリを経験し、攻略の糸口をつかむ準備をしておきたいものだ。

当日4時半すぎ、中田文彦船長の操船で出船。北の強風と南海上にある台風からのウネリで海況はかなり悪いが、それでもファンが多く集まり、どの船も満船状態。

太東沖のポイントに到着後、5時半の竿入れを待って開始。水深は20m弱。風が強く、横流しには最高の条件だ。

爆釣タイムスタート

開始早々、一番に掛けたのは右舷ミヨシの石橋昭治さん(千葉市)。ほぼ同時に右舷胴の間、左舷ミヨシ3番の私、4番の藤田洋さん(品川区)と続く。いずれも1kg弱と小ぶりだが、爆釣タイムの幕開けとなった。

全面解禁初日の外房ヒラメ釣りでトップ7尾 船中本命連発で好スタート本命登場(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

すぐに石橋さん、私、藤田さんが2尾目をゲット。勢い止まらぬ石橋さんは45分に3尾目、6時10分に4尾目。

藤田さんが4尾目を上げたとき、私に強烈なアタリ。途中3回ほどイトが出され、大ビラメを期待したが、上がってきたのは60cm級マゴチ。当日はイナダやカンパチ、ガンゾウ、マハタなどのゲストが見られたが、マゴチは珍しい。

本命連続ヒット

時間の経過とともに、船中あちこちでヒットとはならなくなったが、それでも誰か一人が食わすと、2~3人が連発というシーンがたびたび。

左舷ミヨシの大原等さん(茂原市)は、軟調の長竿を巧みに操り連発。6尾をゲットした。

全面解禁初日の外房ヒラメ釣りでトップ7尾 船中本命連発で好スタート連発ヒット(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

右舷トモの黒田健一さん(大田区)、トモ2番の小野秀樹さん(狭山市)は、石橋さんがリーダー的な同宿20~30年来の常連グループ。

全面解禁初日の外房ヒラメ釣りでトップ7尾 船中本命連発で好スタート本命手中(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

左舷トモの佐藤政之さん(江戸川区)も同様で、「釣りはのんびりが信条」と置き竿で狙う。

全面解禁初日の外房ヒラメ釣りでトップ7尾 船中本命連発で好スタート置きザオで狙った(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

最終的にはともに4尾ずつ。石橋さんは7尾で竿頭となり、みなさん楽しい釣りを満喫したようだ。

次のページで当日の最終釣果は果たして?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。