石鯛かかり釣り:バイキングリールで強引と対峙!【神奈川県・鈴米丸】

幻の魚とも呼ばれる石鯛。掛けた時の強烈なパワーと美味しさ。一度は釣ってみたい、釣り人の憧れです。磯釣りのイメージが強く敷居が高いイメージだったので手を出せませんでしたが、船からでも狙うことができると耳にし、平成最後の夏、剣埼松輪港鈴米丸さんより、船での石鯛かかり釣りに初挑戦してきました♪

白井 亜実
白井 亜実

東京湾を中心に、電車で行ける船宿を巡って「船釣り」を楽しんでいます。老若男女問わず共に楽しめるのが釣りの魅力。初心者の方からベテランの方まで、釣りを通した四季の楽しみ方を発信していけたらと思います。

白井 亜実の担当記事を読む
×閉じる

船釣り エサ釣り

多彩なゲストがお迎え

間も無く釣り場へ到着。釣り方をレクチャーしていただき、早速開始です。

何かモゾモゾとした違和感のような小さなアタリ。仕掛けを上げてみると、不慣れながらも一生懸命剥いた餌はすぐに無くなっており、唖然。

次のアタリで合わせてみると…プルプルッという元気な引き。東京湾のカワハギ釣りではなかなかお目にかかれない、30cm近くある良型のカワハギでした。

こんなゲストも♪

その後何枚かカワハギが釣れ、中にはなんとアカハタも。多彩なゲスト達に楽しませてもらうも、本命石鯛は現れません。

タイムリミットが刻一刻と迫ります。

ここから少し船を走らせ、次のポイントで同船の方が石垣鯛、メジナを釣りあげ、少しターゲットが変わってきました。

同乗者に石鯛ヒット!

正午を回り少しアタリが落ち着き、潮流れが速かった朝一に比べ流れがトロリと緩み、潮どまりした頃でした。

「きたよ!」

突然、隣の方に何かがヒット!先程までと明らかに違う良い竿の絞り込みです。
あがってきたのは、1キロ前後の本命石鯛です。同じサイズの他の魚とは比べ物にならない強引。とっても楽しそう!

隣の方に良型石鯛がヒット!

間もなく他の方にもアタリが出始め、ポツリポツリ石鯛があがり始めました。
時間がない。残りの餌も少ない…。突然訪れた時合いに、気持ちばかり焦ります。

小さなアタリでも強引!

アタリは小さいようですので、ゼロテンションでとにかく穂先に全神経を集中させます。

すると間も無く私にも小さな何かのアタリが。

石鯛は大きくて硬いくちばしで餌をついばむように食べる、とっても神経質なお魚。即アワセではまだしっかり針がかりしない可能性があり、でも待ち過ぎては上手に餌を取られてしまう。絶妙なタイミングでアワせる必要があるようで、それがとっても難しいとのこと。

モゾモゾ、モゾモゾ…竿先が小さく小さく震えます。

どうしよう、どうしよう…よし!!

思い切ってアワせると…ガッシリ竿先が止まりました。

次の瞬間…

ズドーーーン!!

身体ごと一気に持ってかれる強烈な引き込み。

どうして良いかわからずパニックに陥る私。
これが石鯛の引きです。

次ページでキャッチなるか!?