『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】

『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】

様々な釣り物に挑んでいる「みっぴ」こと秋丸美帆さん。そのなかでも特に好きだというマダイ釣り。茨城県の植田丸でテンヤマダイに挑戦した様子を取材した。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 宮﨑千恵)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

常磐沖でテンヤマダイ

7月27日(月)の4時30分、茨城・鹿島の 週刊つりニュース協定・植田丸に5人が集まり、常磐沖でテンヤマダイに挑戦。船宿で順番に受け付けをして、目の前に着けてある船に乗り込む。

『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 宮﨑千恵)

定刻の5時に出船。朝日を浴びながら穏やかな海上を進み、航程20分ほどで真沖のポイントに到着。「準備して待っていてください」とアナウンスがはいる。その間に、仲乗りが乗船客のドラグの調子などを見てまわる。

開始早々マゴチ顔見せ

開始早々に右舷トモの金子哲也さんが30cmのマゴチを上げる。一緒に来た同僚の谷口亮介さん、對馬慎さんも「おぉ~」と気合が入る。

『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】マゴチをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 宮﨑千恵)

秋丸さんは3回目の回収したところでテンヤの交換。鉛の5号から、タングステンの4号にする。付け替えてから1投目でアタリはあったが、アワせきれず、エビエサの頭だけが取られた。

マダイ44cm浮上

回り直して水深19mで再開。ここでは、アタリが多くある。軽くキャストし、船近くまで探ったところでアタり、すかさずアワせる。

『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】駆け引きのあとの笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 宮﨑千恵)

何度かイトが引き出されたが、ていねいにやりとりして上がったのは、44cm2kgのマダイ。船中本命1尾目をゲットした。

遊導テンヤで良型本命

秋丸さんが再投入すると、左舷トモで高須幹雄さんにも本命。ゴールドの遊導テンヤ8号を使用して「着底すぐモゾッときました」と長めのファイトを制した。

『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】遊導テンヤでゲット(提供:週刊つりニュース関東版 宮﨑千恵)

次のページで多彩なゲストが続々登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。