尾鷲湾ボートルアーフィッシングで50cmマダイ【三重・エヌテックマリン】

尾鷲湾ボートルアーフィッシングで50cmマダイ【三重・エヌテックマリン】

夏の尾鷲湾では、アカハタやオオモンハタなどのロックフィッシュが最盛期を迎え、その魚影の濃さは有名。7月24日、魚種多彩な夏の尾鷲湾レンタルボート釣行を友人2人と楽しみました。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・片岡令)

片岡令

京都府在住。ショア・オフショア限らず、ソルトウォーターでのルアーゲームを中心に、丹後から若狭湾・和歌山全域・三重尾鷲方面など各地へ釣行しています。

×閉じる

船釣り ボート釣り

三重・尾鷲湾でボート釣り

7月24日(金)、三重県尾鷲市の引本浦から出航して尾鷲湾にてタイラバ、SLJ(スーパーライトジギング)でマダイや根魚、チャンスがあれば青物まで狙っていこうというボートゲームへ出かけました。

この日、前日まで続いた雨の影響で少し濁りが気になる状況。天気も途中で雨が降るかもしれないという予報。一抹の不安はあるものの、中潮ということで潮が利いてくれればチャンスは全然あると考えていました。

「エヌテックマリン」でボートをレンタル

この日は三重県尾鷲市の引本浦のレンタルボート、「エヌテックマリン」さんでボートを借りました。「エヌテックマリン」さんでは19ft・25馬力艇~23ft・90馬力艇までレンタルできますので、人数に合わせてボートサイズを選ぶことができます。その他ガイド船もあり、ビギナーも安心して釣行できるレンタルボート屋さん。また出航は日の出、帰港は16時ということでたっぷりと釣りを満喫することも可能です。

この日は3人での釣行でしたので、19ft・30馬力艇をレンタルしました。狙いの魚種のポイントや近況など事前情報も詳しく教えてくれますので、どんどん質問することが釣果アップに繋がるため、恥ずかしがらずに質問をした方がいいですね。

直近の状況と作戦

この日に聞いた近況としては、やはりマダイの活性が高いということ、タイラバでよく釣れているということでしたので、マダイのポイントをいくつかうかがって出航しました。

尾鷲湾ボートルアーフィッシングで50cmマダイ【三重・エヌテックマリン】いざ出航(提供:WEBライター・片岡令)

当日の作戦としては、「エヌテックマリン」さんにうかがったポイントと過去の実績あるポイントで、まずは活性の高いマダイを中心にタイラバで狙いつつ、SLJで根魚狙いの磯際打ち、その他状況に応じて魚種多彩に釣果を上げていこうという作戦です。

尾南曽鼻で50cmマダイ

朝一番、まずは「尾南曽(オナソ)鼻」付近にてタイラバからスタート。「尾南曽鼻」の先端から湾内側の「大石」の先端までを線引いたライン上、水深50m前後の所にタイラバ80gを投下します。

すると1投目で私のサオにアタリが!小さいですが、まずは20cm程度のイトヨリダイが釣れました。早速釣れると船の雰囲気もよくなります。

「今日はいい日かも」そんな空気が流れた時、友人のサオが大きく曲がります。サオを叩く感じ、ドラグも出ています!「マダイじゃないの!?」この引きはマダイに間違いありません!慎重に時間をかけて巻き上げます。そして見事、50cmの良型マダイです!尾鷲湾ボートルアーフィッシングで50cmマダイ【三重・エヌテックマリン】マダイ50cmが早々に(提供:WEBライター・片岡令)

このポイントではSLJでヨコワも釣れました。こういった回遊魚も「尾南曽鼻」付近に時々入ってきますので、諦めずにジグをシャクれば釣果に繋がるのが面白いですね。

桃頭島沖で45cmマサバ

場所を大きく移動して、過去の実績あるポイント「桃頭島(トガシマ)」沖へ。ここは水深70m程度で底は砂地のため、アマダイなどの実績のあるポイントです。

今度はアマダイを狙ってタイラバをしようとした時でした。近くでナブラ発生!すぐにSLJへ変更です。できるだけナブラへ近づいて、軽めのジグをキャスト。すると面白いように45cmクラスのマサバが釣れます!

尾鷲湾ボートルアーフィッシングで50cmマダイ【三重・エヌテックマリン】ナブラ打ちでマサバ(提供:WEBライター・片岡令)

マサバの旬は秋なので、旬としては早いのですが、血抜きをした際に脂が浮いていたので、期待大です。それもそのはずでこのマサバの群れは「キビナゴ」の群れを追っていたようで、こういったベイトを捕食している魚は脂が乗ってておいしいんですよね。あまり釣りすぎてもしょうがないので、3人で20匹ほどのマサバを釣り、マサバタイムは終了。

次のページでロックゲームへ転戦!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。