『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】

『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】

様々な釣り物に挑んでいる「みっぴ」こと秋丸美帆さん。そのなかでも特に好きだというマダイ釣り。茨城県の植田丸でテンヤマダイに挑戦した様子を取材した。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 宮﨑千恵)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

多彩なゲスト続々

20分ほど移動する。「水深25mです。根があるので気をつけてください」と船長。ショウサイフグやヒラメと美味魚が上げられる。

『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】ショウサイフグキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 宮﨑千恵)

2号のテンヤを軽く投げて誘っていた秋丸さんに、小さなアタリ。3回ほどモゾモゾとして掛けたのは、リリースサイズの本命。

さらに10分ほど走り、水深23mの場所では「浮いた反応があるので、底から4mまでやってみてください」で投入。船下狙いでは、反応がない。

『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】ヒラメの姿も(提供:週刊つりニュース関東版 宮﨑千恵)

満足の沖上がり

慣れた人はテンヤを投げて広く探す。やさしく誘って、少し待つ。これで、秋丸さんにはメバルやホウボウ。

『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】カサゴ手中(提供:週刊つりニュース関東版 宮﨑千恵)

高須さんが鯛ラバでマトウ。根周りでは魚種多彩、さらに浅めのポイントでは良型のマダイが期待できる。美味しい魚と良型マダイを手にして、記念に残る夏休みを過ごすのもいい。

<週刊つりニュース関東版 宮﨑千恵/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:植田丸
『みっぴ』がテンヤマダイに挑戦 本命手中&多彩ゲストに笑顔【植田丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年8月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。