手こぎボートエギング釣行:アオリでイケス満タン【福井県・村上渡船】

各地で秋のアオリイカ好スタートの報が聞かれるなか、9月6日に福井県小浜市西小川の村上渡船を訪れた。ここはイカダや手こぎボートでアオリイカが狙える希少なフィールド。今回は女性アングラーの大島さつきさんと、手こぎボートエギングを楽しんだ。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

当日の海況と釣況

当日現地に到着したのは午前5時半ごろ。

西小川では9月の出船時間は6時からと決められており、すでに港で待機中のアングラーの姿も。早速旅館で受付を済ませ、オールを受け取って港に向かう。

台風21号の通過で水潮が心配されたが、西小川は近くに大きな河川がないことから、パッと見た限りたいした濁りはなさそうだ。

ただし、村上渡船のご主人によれば、釣りには問題ないが波長の大きなウネリが入っているとのこと。

そして6時になり、ボートにタックルを積み込んでいると、どこかで見た顔がオールをかついでやって来た。

知り合いの滋賀県在住の峯卓さんだ。元々西小川は峯さんのホームグラウンド。先週は小さいけど30匹ほど釣ったとのことで、期待が膨らんでいく。

いざ出船!

準備ができて大島さんと2隻のボートで出撃。

当日のポイントとタックル

タックル図。

船舶免許は持っているけど手こぎボートの経験はないという大島さんだ、最初はこぎ方がぎこちなかったが、すぐにコツをつかんでスムーズにボートを進めていく。

西小川の湾内はブーツのような形をしており、港が位置するのはつま先の部分。

最初はくるぶし辺りに並ぶイカダ群の近くでボートを止めた。水深は6~7mといったところか。

今回使用するのはの『ダートマックスシリーズ/フィッシュリーグ』。

まだシーズン初期でアオリイカが小さいだろうと予測して、2.5号と3号、そして深場を攻めるためTR30gも用意した。

次ページで実釣スタート!