ヘラブナ釣行:釣友ミホリンと3連敗をかけて勝負!【千葉県・将監】

暑さが和らいだ8月末、釣友ミホリンと千葉県印旛郡栄町にある管理釣り場・将監で竿を出した。ここは過去2回ミホリンに敗戦を期している鬼門の釣り場。3連敗を免れることは出来たのか?

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

大池南岸渡り桟橋で開始

正午すぎに到着すると、大池では例会が組まれ、そこそこにぎわっている。

空いていた大池南岸・渡り桟橋寄りに並び、9尺竿を継いで両ダンゴのメーター狙い

ミホリンは8尺竿を継ぎ、中指の爪サイズのエサで13時前に開始。

開始早々ヒット

当日のタックル

数投でアタり始め、すぐにバタバタと竿が曲がりだした。慣れないPCムクトップのウキに苦戦するミホリンをよそに、鼻歌混じりのスタートとなる。

負けられない戦い?

時間の経過とともに魚の寄りが厚くなり、水面下にヘラが見えるようになる。

ハリスを15〜22cmに詰め、エサにベーシックを絡めて比重をつけていく。この対応でスレは多いながら、まずまずのペースとなる。

ミホリンとは過去に同池で2回竿を出し、いずれも敗北。

前回は真冬の食い渋り時なので言い訳ができたが、さすがに3連敗はいただけない。当日は釣り方もエサも一緒なので、実力がハッキリするはずだ。

次ページで勝敗の行方は?