船宿めぐり:深川冨士見【東京都・門前仲町】

江戸前の釣りを楽しませてくれる船宿が東京湾・門前仲町にある。そこは、江戸末期に創業した老舗の船宿・深川冨士見。今回はこの船宿を紹介する。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 インタビュー

江戸っ子口調が特徴

深川冨士見には大正時代に彫られた「冨士見橋之景」というタイトルの版画が飾ってある。富士山と練り舟、そして同船宿が描かれている。

「図書館とここにしかないんだ」と教えてくれたのは5代目・石嶋一男さん。

江戸っ子口調で話し、江戸前の釣りを大切にしている。

6代目・石嶋広士さん。

いつもゆったり話し、にこやかに出迎えてくれるのは6代目・石嶋広士さん。

釣りの将来を常に考えている。

子連れ釣行にもオススメ

GWや夏休みなどには、子ども向けの特別料金を用意して、未来の釣り人の第一歩を応援している。

釣り船の常連に人気なのはおにぎり。手作りで懐かしさを感じるあたたかさ、お新香付き。1つがげんこつサイズでもペロリと食べられる。

毎年、11月23日の勤労感謝の日に開催されているハゼ釣り大会。練り舟もでる。

熟練された腕を持つ人から船釣りが初めての人、夫婦や友だち同士、もちろん1人で参加する人も。

多くの賞品が用意されているので、参加してみる価値は十分。

<週刊つりニュース関東版 宮崎 /TSURINEWS編>

深川冨士見
エリア:東京湾(東京)エリア
出船港:深川港

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年9月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。