エリアトラウト釣行:短時間でも連発!【平谷湖フィッシングスポット】

9月2日長野県・平谷村にある平谷湖フィッシングスポットで開催された「もろこし祭り」に参加してきた。当日のメンバーは釣り具メーカーディスプラウドのフィールドテスター、マグナム高田さんと本紙APCの遠藤優花さん。午前6時半に受け付けを済ませるとあいにくの雨にもかかわらず、たくさんのアングラーが来場していた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

もろこしカップに出場

当日の高田さんのタックル

午前7時、まずはこの祭り最大のイベントもろこしカップがスタート。

私たち3人で1グループとなり、1時間の匹数を競う。残念ながら場所の不運もあり思うような結果ではなかった。

その後、無料で振る舞われる焼きとうもろこしに舌鼓を打ち、のんびり過ごしていると天候が回復。

高田さんが「いい天気にもなったので遠藤さんにレクチャーしながら釣りを楽しみましょうか」との提案があったので、3人で第一エリアの川側へ移動した。

まずは表層ただ巻きで

アドバイスを真剣に聞く遠藤さん
 

エリアトラウト5回目の遠藤さんは、アドバイスを聞いてピコイーグルプレーヤー花茶をチョイス。高田さんも同じものを付けてスタートした。

「魚が表層にたまっているので波紋を上げながらゆっくり巻いてね」とアドバイスをしていると、あっという間に高田さんにヒット。

軽快なロッドワークで見事にネットインしたのは30cmクラスのニジマスだ。

ルアー交換後すぐに釣れたニジマス

すると同じように表層を引いていた遠藤さんのルアーが、バシャッという音とともにひったくられる。

「きたー!」と大喜びの遠藤さんがネットインしたのは、同じくニジマス30cm。
「このルアー釣りやすい!」とお気に入りのルアーになってしまった。

お次はストップ&ゴー

しばらくしてただ巻きで釣れなくなると、「じゃあリールを1回転巻いて止めるストップ&ゴーでやってみて」とアドバイスすると、すぐに魚が反応しヒット。

「その他にも細かくシェイクしてみたりすると魚へのアピールが変わって釣れるよ」と、高田さんはさまざまなピコイーグルプレーヤーの使い方をアドバイスしてくれた。すると高田さんのドラグがうなりを上げる。

「でかいかも」

と大物宣言。しかしそこは慌てず暴れる魚をいなし、余裕のネットインしたのは40cmクラスのニジマスだ。

次ページでルアーローテーションを解説