釣りを辞めたくなった出来事ベスト3 結局辞められないのが釣りだった

釣りを辞めたくなった出来事ベスト3 結局辞められないのが釣りだった

釣り人は、結婚、就職、入学など、人生の様々なターニングポイントで釣りを辞めるか続けるかの選択をしてきたはずです。それでも長年釣りを続けている筆者が、「釣りを辞めたくなった出来事」ベスト3を、今回はご紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

その他 お役立ち

釣りを辞める選択肢

釣りを長くやっていれば、一度くらいは『釣りを辞めよう』と、思ったことがあるのではないでしょうか?純粋に魚だけを追いかけていたあのころが懐かしい、戻りたい、そんなふうに思ったことはありませんか?結婚、離婚、再婚、就職、転職など、人生の様々なターニングポイントで、釣りを辞めるか続けるかの選択をしてきたと思います。

筆者も例外ではありません。このままでは釣りができない!いっそ辞めてしまおう!君のためなら釣りを捨てる!などと禁断の領域へ足を踏み入れたこともあります。それでも何だかんだでここまで続けてこられたのは、釣りを辞めた自分を想像できなかったからです。釣りを愛する人は、結局は釣りが全てなのです。仕事よりも、家族よりも、奥さんよりも”釣り”なのです。違いませんか?

そこで今回は、そんな人間を狂わせてしまう、魅惑の趣味”釣り”を辞めてしまいたくなった出来事ベスト3をご紹介致します。辞めたくなったのに、なぜか続けてしまっている。そんな釣りを愛する全てのばかちん達に読んでいただきたいと思います。

釣りを辞めたくなった出来事ベスト3 結局辞められないのが釣りだった釣りを辞める選択肢って?(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

中学生で釣りにハマる

筆者が本格的に釣りを始めたのは中学生のころでした。山あり川あり、海もある。おまけに美人も多い?という恵まれた千葉県という環境もあって、学生時代から近くの川や海でハゼやフナ、ブラックバス、美女などを釣ってました。

高校生で木更津の沖堤防に渡り、カレイ釣りにハマりました。段差やヤジロベー仕掛けなど、当時流行った仕掛けを自作で作ったものです。

辞めそうになった時も

しかし、受験や就職を期にだんだんと釣りから遠ざかり、さらには、車やバイク、女性関係など、お金の掛かることが徐々に増えていき、金銭的にも精神的にもこのまま釣りを辞めてしまいたくなりました。

それでも、釣具屋の店員や釣り人と話していると、自然とまた釣りに行っている自分がいました。そして、今も釣りを愛する自分がいます。色々ありましたが、やはり、釣りと人生はリンクしていると筆者は思います。そして、長く釣りをしていれば大なり小なり辞めたくなる期間ってあるものですよね?

それでは、そんな瞬間をランキングにしてみましたので、見ていただきましょう。

※あくまでも筆者の独自目線でのランキングです。

次のページで釣りを辞めたくなったランキングを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。