江戸川放水路のボートハゼ釣りで50尾手中 竹製のノベ竿で快引堪能

江戸川放水路のボートハゼ釣りで50尾手中 竹製のノベ竿で快引堪能

ハゼが釣れていると聞き釣具店へ。「料亭の人も釣りに行くほど江戸前のハゼは美味いし、子どもでも簡単に釣れ、道具もシンプル」とスタッフが教えてくれた。簡単なレクチャーを受け、気がついたら竹製のべ竿と仕掛け一式を購入。そこで8月6日(土)、電車で江戸川放水路へ初めてのハゼ釣りに出かけた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 麻生雅彦)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

江戸川放水路でハゼ釣り

自宅から東西線で乗り換えなしで便利。原木中山駅で釣友と7時に待ち合わせ。週刊つりニュース協定・大沢遊船所で2人用貸ボート代を払い、土手下の桟橋から7時30分に漕ぎだす。

江戸川放水路のボートハゼ釣りで50尾手中 竹製のノベ竿で快引堪能大沢遊船所の桟橋(提供:週刊つりニュース関東版 麻生雅彦)

釣友の話では、前日は鉄橋の橋脚際の深場で、ヒネ交じりで釣れたとのこと。そこで同ポイントにアンカーを下ろした。

すべて新調した竹竿と仕掛け。10.5尺のノベ竿、太鼓オモリ1号、ハリは袖3.5号のミャク釣り。ミチイトは視認性のいいヘラブナ用の白いものを使った。水深は約2.7mでエサは青イソメ。

橋脚際では反応なし

8時に、人生初の江戸前ハゼ釣りがスタート。オモリが着底したら軽く誘いをかける。アタリはプルプルと小気味いいらしい。5投後、竿を上げるとミチイトがない。アタリを感じないまま仕掛けを丸ごとロス。これはショック。気を取り直し再開。

釣友は「アタリが1回あったが根掛かりかも」と言う。その数投後、私の竿が大きく曲がった。プルプルしないが重量感が伝わる。ゆっくりと引き上げると大きなカキの殻がファーストヒット。

このポイントにハゼがいないと判断し、土手寄りのボートが数隻いる水深1mの場所に移動。しかし、ここもアタリがまったくない。

どうもこの日は前日と違いよくないらしい。ほかのボートも移動を繰り返している。釣友は「昨日、型は小さいが水道管の下で釣れた」と言うのでまた移動。アンカーを下ろし再開したが、ここもアタリがない。

まさかの浅場に大集結

時刻は10時。周りを見ると、いつの間にか多くのボートが土手に近い浅場に着けている。様子を見るとハゼが釣れている。釣り人から「浅場がいい」との声がする。別の船宿のスタッフが釣り客を5隻ほど曳き舟で移動中に「50cm」との声が響いた。

江戸川放水路のボートハゼ釣りで50尾手中 竹製のノベ竿で快引堪能ハゼは浅場にいた(提供:週刊つりニュース関東版 麻生雅彦)

早々に、少し下流の土手岸から約20mの場所に移動。当日の満潮は11時50分ごろで上げ潮が始まった。水深は50cmで10時30分ごろ再開。すると、いきなりプルプルと心地のいいアタリで10cmのハゼがヒット。引きが気持ちいい。

釣友もすぐに15cmのヒネが釣れる。ハゼは浅場にいたのだ。その後、私にも15cmのヒネとデキハゼが連続ヒット。5尾目をビクに入れようとしたら、オールの受け金に掛けていたビクがない!

江戸川放水路のボートハゼ釣りで50尾手中 竹製のノベ竿で快引堪能ヒネハゼをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 麻生雅彦)

前日、釣具店で買ったビクが魚ごと沈んだ。回収できず大損害。泣きたくなったがアタリがあるので、気持ちを入れ替え続行する。上げ潮も手伝ってか、あれよあれよと連チャンで、キュートな顔の”男前ハゼ”が釣れる。

次のページでアタリ途切れず50尾ゲット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。