初心者がヘラブナ釣り教室に参加 基礎を教わり6匹手中に大満足

初心者がヘラブナ釣り教室に参加 基礎を教わり6匹手中に大満足

8月6日、愛知県豊田市のひだ池でベーシックの釣り教室が開催され、メンバーのはるさんがこの釣り教室へ参加してきたのでレポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

30cm級の良型登場

午後からは午前中の傾向を踏まえてミニトーナメントが開催された。3時間の重量を競うもので、初心者だがなんとか最下位は免れたいと奮闘。30分ほど経過したころ、ようやくウキに良い動きが出始めてきた。

ウキがなじんでから、イトズレやアオリの動きが出る。ウキが返してきたタイミングで、ようやくしっかりとした強いアタリにアワせると、ようやく乗った! 下へ潜ろうとするヘラブナをサオの弾力を使って走りを止める。そのままゆっくり引き寄せたのは30cm級の良型だった。

初心者がヘラブナ釣り教室に参加 基礎を教わり6匹手中に大満足午後からペースが上がり笑顔(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

トーナメントでは3.2kgの釣果

それからカラツンを繰り返しながらも、良いアタリだけを拾って4匹のヘラブナを追加。はるさんの初めてのトーナメントは、3時間で3.2kgという結果でタイムアップとなった。

フラシから飛び出して逃げていったヘラブナが1匹おり、なんとも悔やまれたが、結果論なので仕方がない。

初心者がヘラブナ釣り教室に参加 基礎を教わり6匹手中に大満足ひだ池のヘラブナの引きを楽しんだ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

じゃんけん大会で幕

その後はお楽しみじゃんけん大会が開催され、はるさんが進行役を務めることとなった。参加者を大いににぎわせ、ベーシックの釣り教室は終幕となった。

最終的な釣果はヘラブナ6匹。まだまだヘラブナ釣りを極めるには長い道のりだが、釣趣や力強い引きにすでに魅了されているようだ。

今日の釣り教室で習ったことを復習しつつ、次回の釣行へ生かしたいと意気込んで帰路についた。

初心者がヘラブナ釣り教室に参加 基礎を教わり6匹手中に大満足初めての釣り教室を満喫したはるさん(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

ベーシックでは教室を今後定期的に行っていくとのことで、ベーシックのエサに触れたことがないヘラ師も実際に体験できるチャンス。モニターによるエサの解説や使い方などを直接聞ける貴重な機会となるはずだ。

初心者がヘラブナ釣り教室に参加 基礎を教わり6匹手中に大満足釣り教室の様子(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

<週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
ひだ池
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年8月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。