マグロの「血合い肉」を食べると寿命が伸びる? 長寿遺伝子増加に関係

マグロの「血合い肉」を食べると寿命が伸びる? 長寿遺伝子増加に関係

魚に豊富に含まれるカルシウムや脂肪が健康に良いことは知られてきましたが、最近「血合い肉」にも良い成分が見つかりました。しかもその効能は「不老長寿」!?

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

マグロの血合い食べると長寿に?

神奈川県と国立研究開発法人水産研究・教育機構などのチームがこのたび、マグロに含まれる成分が、体内の抗酸化力を向上させることを確認したと発表しました。

これはマグロやカツオなど遊泳力の高い青魚の筋肉中に含まれる「セレノネイン」という成分による効果で、これを豊富に含む食材を継続的に摂食することで体内の抗酸化力が増強されるのだそうです。

マグロの「血合い肉」を食べると寿命が伸びる? 長寿遺伝子増加に関係マグロの血合い肉(提供:PhotoAC)

実験では、セレノネインをとくに多く含む「血合い肉」で有意性が高いことも判明。これを多く食べたグループはそうでないグループと比べ、「長寿遺伝子」との異名を取る呼ばれるサーチュイン2という遺伝子が最大で1.7倍に増加したといいます。

セレノネインとは

このセレノネインは、2010年に日本の研究機関によって発見された新規化合物。マグロ類、カジキ類、サバ類などの回遊魚の血合い肉や血液に多く含まれています。

マグロの「血合い肉」を食べると寿命が伸びる? 長寿遺伝子増加に関係回遊魚の血合いに多い(提供:PhotoAC)

その生理作用として、活性酸素の生成防止および消去、ヘム鉄の酸化防止、DNA損傷修復作用、生活習慣病の改善などが推定されており、健康増進効果に期待が集まっているのです。

次のページで今後は「血合い肉」に脚光が?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。