東京湾の船タチウオ釣りで初心者も数釣り堪能 天秤エサ釣りで挑戦

東京湾の船タチウオ釣りで初心者も数釣り堪能 天秤エサ釣りで挑戦

今年も東京湾中央部の横断線(富津岬~観音崎を結ぶ線)一帯にタチウオの群れが集結。7月24日(日)に東京湾浦安の吉野屋のタチウオ乗合船で越中島釣友会の月例会を行うと、参加者全員が2ケタ釣果で大満足する好食いに出会った。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

吉野屋でタチウオ釣り

出船2時間前に船宿へ到着。店内へ入ると吉野眞太郎親方と公大若代表が笑顔で出迎えてくれた。

タチウオ乗合には多くの予約が入り、エサ釣り船だけでも2隻出し。タチウオ乗合の岩淵裕介船長と相談して、9人の団体となる私たちは2隻目の第十一吉野屋丸に乗船。左舷トモ寄りに4人分と右舷トモ寄りに5人分(初級者指南役の私と原田会員の同僚であるビジター参加の4人)の席を並んで頂いた。

メンバーは左舷のトモに原田真美、2番に多田幸男、3番に木村正宏、4番に江原則夫、右舷トモに徳留隼人、2番に松田康男、3番に私、4番に木村祥也、5番に藤波康右(以上敬称略)だった。

船中第1号は60cm級

定刻の7時に出船。航程1時間で富津沖の水深10~12mの釣り場に到着。いい反応が見つかったところで船長から「はい、どうぞ。8mから海面までを探ってください。テンポよく誘って、アタったらアワセを入れずにそのまま巻き続けるだけがいいようです」というアナウンスがあり、エンジン流しで実釣開始。

天候は晴れ、風は南から風速1~2mで海面はナギ、潮色は適度な濁りを含んだ緑茶色で、若潮の干潮の潮止まり。これから上げに向かう。

潮止まりで風も緩く、タナ取りを終えたミチイトは垂直に立つ。水深が浅いのでオマツリの心配もなく、初級者の入門にはぴったりの環境。

トモ寄りの徳留さん、松田さんは自前のライトタックルを持参するほどの腕前の持ち主で、私は初級者の木村さんと藤波さんにタックルを貸し出して、エサ付けからタナ取り、誘い方のバリエーションなどを教えた。

船中第1号はライトタックルに船宿1本バリ仕掛けを使う原田さんで60cm級タチウオ。その後、流し変えのたびにヒットさせた。

本命続々登場

江原さんも1.5m前後の短い竿で5連発。

東京湾の船タチウオ釣りで初心者も数釣り堪能 天秤エサ釣りで挑戦タチウオ連発(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

右舷では、細身のライトタックルで10cm程度の誘い上げを続けるトモ寄りの徳留さんが5連発。使いやすい道具のよさが際立っていた。

東京湾の船タチウオ釣りで初心者も数釣り堪能 天秤エサ釣りで挑戦ライトタックルでゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

その後、右舷トモ2番の松田さん、1.8mロッドを使う藤波さんが55~60cm級を2尾ずつ釣り上げた。これを見て、私は木村さんのタックルチェンジを決断。軽い竿にオモリも軽くするとすぐ効果が出て、1時間後には6尾まで数を伸ばした。

東京湾の船タチウオ釣りで初心者も数釣り堪能 天秤エサ釣りで挑戦本命キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

次のページでチャンスタイム長くヒット止まず!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。