イカメタル専用ロッドの選び方 「掛け調子」と「乗せ調子」の違いとは?

イカメタル専用ロッドの選び方 「掛け調子」と「乗せ調子」の違いとは?

今回の釣行時、2タックルを持ち込んだ。どちらも特徴的なロッドで、「掛け調子」と「乗せ調子」のコンセプトのロッドだ。ロッドの特徴と使い分け方をご紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター笠野忠義)

笠野忠義

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

筆者のオススメロッド

今回使用したロッドの一つ、エメラルダス MX IMシリーズはコスパよし、感度よしでぜひ一度手に取っていただきたいロッドである。一本追加で買い足すもよし、シリーズで買うもよし、オススメタックルである。

私が所有しているロッドのもう一つのロッド、エメラルダスAIRAGS IMと比較してみよう。

まずはロッドの重量。ブランクスの径がAIRAGSより細身になっている。長さは違えど、持った瞬間「軽い」と思うだろう。あと、重量に貢献しているグリップ。どちらともAIRSNSORリールシートを採用しているが、MXのほうはかなり肉抜きされている印象。AIRAGSはカーボンガイドの恩恵で軽量であるが、MXにカーボンガイドを載せたとすると、圧倒的にMXが軽いはず。

ティップは流石に金属穂先に感度の面では軍配が上がるが、金属が故にどうしても重さが出てしまって、風が強い日にあたると、ティップの揺れが気になる。MXはソリッドティップ採用で、ソリッドといえど感度もよく、風が強い日でも金属穂先よりシャキッとして釣りやすいであろう。デザインもそう派手ではなく落ち着いた印象だが、使用感は十分。飽きも来ず、長く使えるのでは無いだろうか。

イカメタル専用ロッドの選び方 「掛け調子」と「乗せ調子」の違いとは?私の所有するロッドのグリップ違い(提供:TSURINEWSライター笠野忠義)

<笠野忠義/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。